業種:ホテル・旅館

部門ごとで業務内容が大きく異なる業界ですが、Huddlerでは複数の機能が付いているためあらゆる情報を一元管理することが可能です。フロントや清掃部門など社内マニュアルが多い部門は「Wiki」を活用し、紙での管理からHuddlerでのデータ管理に移行しています。

「3分で分るHuddler」
をダウンロード

《 活用シーン1 》
部門別で情報を管理

具体的な活用方法

部門毎に「ルーム」を作成し、「会議」「タスク」「Wiki」「ファイル」から必要な機能のみを選択

部門別で行う業務が全く異なるため、部門ごとにHuddlerで使用できる機能を選択しています。
例えば、打ち合わせが多い管理部門では「会議」「タスク」「Wiki」「ファイル」、
社内でのマニュアルが多い清掃部門では「Wiki」のみ など
必要な機能を必要な分だけ使用することで、煩雑にならずに情報の管理場所を明確にすることが可能となります。

 

《 活用シーン2》
集客のための施策をブレストする場として「会議」を活用

 

具体的な活用方法

競合の調査や自社分析などをブレストする場として「会議」機能を活用

「会議」は会議・打ち合わせのみの活用方法にだけではありません。広報活動を行う上で、集客施策を検討していく必要がありますが「会議」機能を活用して、集客のための施策ごとに会議を作成し、ブレストしたことを各議事録内へ詳細に書き留めて置くことが可能です。「会議」機能ではテキストの装飾機能があまり多くないこともあり、ブレストした内容をリアルタイムかつ、スムーズに書き留めておけます。

 

《活用シーン3》
社内マニュアルはすべて「Wiki」にストック

具体的な活用方法

部門ごとにルールや社内マニュアルをWikiに集約

客室や大浴場などの清掃マニュアルなど、Huddlerの「Wiki」機能で管理可能。新入社員が入った時や、人事異動があった際はしっかりと確認してもらい、スムーズに引き継ぎができるようにしています。
社内のマニュアルが多いこのこの業界だからこそ、ネット上に保管しいつでも確認できるように情報を集約しておく必要があります。