Windowsで便利なToDoアプリ「Microsoft ToDo」覚えておきたい特徴と基本操作

#ToDo#業務効率化アプリ

ハドラー

「やることリスト」とも言われるToDoリストですが、ToDoリストを管理するにはアプリがおすすめです。しかし、どのようなToDoアプリを利用するべきか、初めての方はわからないことも多いでしょう。そこで、この記事では、Windowsで使用する際に便利なToDoアプリ「Microsft ToDo」の特徴と基本操作を紹介していきます。

 

【こちらの記事もオススメ】

Windowsで便利なToDoアプリ「Microsoft ToDo」覚えておきたい特徴と基本操作

Macで便利なToDoアプリ!覚えておきたい特徴と基本操作

iPhoneで便利なToDoアプリ!覚えておきたい特徴と基本操作

 

Windowsで便利なToDoアプリ「Microsoft ToDo」

ここから紹介するアプリは、Windowsで使用する際に便利なToDoアプリ「Microsoft ToDo」です。日常生活での家事や仕事のことなど、やること・やらなければいけないことのチェックリストとして使用されるToDoアプリですが、Microsoft ToDoでは実際に何ができるのかを見ていきましょう。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

Microsoft ToDoの覚えておきたい特徴

さまざまなToDoアプリが世の中に存在しますが、その中でも世界的に有名な企業であるMicrosoftが提供しているToDoアプリはどのような得業があるのでしょうか。ここからは、Microsoft ToDoの特徴を紹介していきます。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

①リストがカテゴリ分けできる

「家事」「仕事」など、やることリストをカテゴリ分けして、複数作成することが可能です。また、自身で指定した時間に通知がくるようにできるリマインド機能も搭載されているので、やり忘れを防ぐこともできます。

②使いやすいシンプルな操作

Microsoft ToDoは、ToDoアプリとしてはとても高機能ですが、使い方は比較的シンプルです。タスクにやらなければいけないことを書き出した中から、「今日の予定」の追加項目を選択すれば、基本的なことは完了となります。操作数が少ないので非常に使いやすいアプリとなっています。

③クロスプラットフォームで簡単に共有ができる

Microsoftのアカウントがあれば、PCの他にも、スマートフォンやタブレットを使って、同じリストの共有が可能です。自宅や職場ではもちろんですが、外出先などでも使用できるのでとても便利に利用することができます。また、このMicrosoft ToDoは、アプリだけではなく、Web版もありますので、アプリとしてインストールしなくても利用できます。

 

このように、Microsoft ToDoは、高機能なアプリですがシンプルで使いやすく、ToDoアプリ初心者の方も簡単に利用することができるアプリとなっています。

Microsoft ToDoの基本操作

ここからは、Microsoft ToDoの基本操作を解説していきます。初心者でも簡単に使えるアプリとなっていますので、ここで基本操作を覚えて実際に利用してみましょう。

Microsoftのアカウント作成

Microsoft ToDoを利用するには、Microsoftアカウントが必要となります。一度作成すれば、そのあとは自動ログインができますので特に手間はかかりません。Microsoftアカウントを作成することで、PC・スマートフォン・タブレットでの共有も可能になります。

「タスク」やることリストを書き出す

Microsoftアカウントを作成し、Microsoft ToDoにログインしたら、まずは「やること」を書き出していく作業です。Microsoft ToDoには「タスク」という、やることを書き出していくリストが用意されています。日付や順番は考えずに、買い物・掃除・洗濯など、自身の「やらなければいけないこと」を、思いつく限り書き出していきましょう。

「今日の予定」に追加していく

タスクに書き出したやることリストの中から、今日やることを選び、「今日の予定」に追加していきます。スマートフォンの場合、追加したい項目をスライドさせると簡単に今日の予定に追加することが可能です。今日の予定に追加すると、先ほど書き出したやることリストの下に「今日の予定」と表示が出るようになります。また、メニューの中にある「今日の予定」を選択すれば、今日の予定がまとめて確認できます。

今日の予定をこなす

あとは作成したリストを確認しながら今日の予定をこなしていきます。終わったものにはチェックを付けることができるので、何が終わって何が残っているのかを、一目で確認できます。

先の予定には「期限日」の設定

今日ではなく、明日以降の先の予定には期限日を付けていきます。期限日を付ける項目を選択して詳細画面を開き、「期限日の追加」を選択し、日付を選んで完了です。そうすることによって、メニューの中にある「今後の予定」で確認が可能です。

繰り返しと通知の設定

Microsoft ToDoでは、「毎週○曜日」などといった繰り返し設定もできます。こちらの設定は、繰り返し設定をしたい項目を選択して詳細画面を開き、「繰り返し」を選択して設定すれば完了です。また、詳細画面からは通知の設定も行えます。やり忘れ防止のために通知設定をしたい場合は、期限日の追加や繰り返し設定などと同じく、詳細画面を開いて「通知する」から設定していきましょう。

まとめ

ここまで、初心者の方でも簡単に使えるMicrosoft ToDoアプリについての紹介と、Microsoft ToDoアプリの基本操作を紹介しました。基本操作に慣れてきたら、買い物リストを作成することや、「ステップ」という機能を使用してやることリストを細かく管理していくことも可能になります。また、家事と仕事でリスト分けすることもできますので、自分の使いやすいようにMicrosoft ToDoを利用していき、効率的に作業を進めていきましょう。

ハドラー