Macで便利なToDoアプリ!覚えておきたい特徴と基本操作

#ToDo#業務効率化アプリ

ハドラー

現在、ToDoリストを作成できるアプリは多く存在していますが、Macを利用している方は、どのようなToDoアプリを利用されているでしょうか?この記事では、Macで使用する際に便利なToDoアプリの特徴と基本操作を紹介していきます。

 

【こちらの記事もオススメ】

Androidで便利なToDoアプリ!覚えておきたい特徴と基本操作

iPhoneで便利なToDoアプリ!覚えておきたい特徴と基本操作

Windowsで便利なToDoアプリ「Microsoft ToDo」覚えておきたい特徴と基本操作

 

Macで便利なToDoアプリ

ここからは、Macで使用する際に便利なToDoアプリを2つ紹介していきます。それぞれのアプリの特徴や基本操作も一緒に書いていきますので、自分に合ったアプリを見つけてみましょう。

Trello

ビジネスシーンでの活用で広く知られている「Trello」です。「カード」と呼ばれる付箋を、ボードに貼っていくような感覚でタスクの管理ができる、非常に使い勝手の良いToDoアプリです。

Trelloの特徴

画面構成がとてもシンプルなので、初めて使用する方でも簡単に使うことができて、簡単な動作で作業を進められます。カードの中には、タスク期限やファイル添付など、色々な情報の入力が可能となっていて、ここがTrelloの大きな特徴と言えるでしょう。プロジェクトメンバー間での共有も可能です。

 

基本的には無料で使えますが、有料プランもありますので、目的に合った料金形態で利用しましょう。

Trelloの基本操作

まずはアカウント作成が必要となりますので、メールアドレスまたはGoogleアカウントでTrelloのアカウントを作りましょう。その後、手順に沿って名前やパスワードなどを入力していくと、チュートリアルが表示されます。最後に登録したメールアドレス宛に届いている確認メール内で、「メールアドレスを確認」を押して、登録完了です。

①ワークスペース・ボードの作成

トップ画面左側のメニュー一覧にある「ワークスペース +」をクリックすると、ワークスペースを作ることができます。作成したワークスペースを選択し、「新しいボードを作成」をクリックすると、ボードを作ることができます。

②リスト・カードの追加

作成したボードを選択し、ここからリストの作成が始まります。「リストを追加」からどんどん追加して作成していきましょう。また、作成したリストをクリックすると、リストにカードを追加することができます。このカードは、ドラッグ&ドロップでリスト間を自由に移動することが可能です。

 

カードにマウスのカーソルを当てると、メニューが表示されるので、そこから説明の追加や消去など、様々な編集ができるようになっています。

③チームの作成

トップ画面にある「チームを作成」をクリックし、チーム名や、追加したい人のメールアドレスを入力していくとメンバーの追加が可能です。チームを作った後でも、メンバーの追加ができます。

Stock

チームの情報を簡単に残すことができる「Stock」です。「チャットは情報が流れてしまって大変」「ファイル共有は面倒」といった問題を解決してくれるToDoアプリです。

Stockの特徴

操作がとてもシンプルで、テキスト情報や画像ファイルなど、あらゆる情報を「ノート機能」を使って簡単に残すことができます。情報のストックに加え、チャット機能やタスク管理にも特化しているビジネスツールです。基本的には無料で使えますが、有料プランもありますので、目的に合った料金形態で利用しましょう。

Stockの基本操作

まずはアカウント作成です。ホームページを開いて、「無料で試してみる」をクリックし、手順に沿って進めていきます。チームの主な連絡先(メールアドレス)と、チーム内で初めに登録するユーザー名を設定しましょう。チームメンバーは、後から追加登録ができます。そのまま画面の指示に従ってさらに進めていき、チーム名やチームのURLを設定して、登録完了です。

 

チームのURLは、一度登録すると後から変更ができないので注意しましょう。

①メンバーの追加

登録が完了したら、まずはメンバーの追加をしていきます。ホーム画面右上の「メンバー管理」から「新規追加」をクリックし、追加するメンバーのメールアドレスを入力しましょう。この時、メンバーの権限を選択しますが、「管理者」「メンバー」「ゲスト」の3種類から選ぶこととなります。

 

  • 管理者:チーム内の様々な設定の変更ができる
  • メンバー:フォルダの管理ができる
  • ゲスト:指定されたフォルダのみを見ることができる

 

入力後、招待をクリックし、招待されたメンバーがメール内のリンクからStockにログインすれば、メンバー追加の完了です。

②フォルダの作成

画面左上の「フォルダ」の横にある「+」をクリックし、メニューの中から「新規フォルダを作成」を選択します。フォルダ名と参加者を選択し、「保存」をクリックすると、フォルダ作成完了です。参加者は、後から追加と消去が可能となっています。

③チャットツール

画面右上の「メッセージ」から「新規メッセージ」を選択し、参加メンバーを選んで完了です。

④タスク管理

Stockのタスク管理は、全体向けとメンバー指定の2パターンがあります。

 

  • 全体向け
  • メンバー指定

 

全体向け

画面右上の「タスク一覧」から「タスクを追加」を選択し、タスク名や期限など、項目を埋めていきましょう。設定が完了し、「保存」をクリックすると、タスク設定が完了となります。

メンバー指定

任意のノートを開き、画面右上の「タスク設定」をクリックします。あとは全体向けのタスク設定と同じように進めていけば完了です。

まとめ

ここまで、Macで使えるToDoアプリの特徴と基本操作を紹介させていただきました。今回紹介したアプリの他にも、Macで使えるToDoアプリは様々ありますが、自分に合ったToDoアプリを見つけて活用していきましょう。今回の記事も参考にしていただけると幸いです。

 

ハドラー