社内Wikiってなに?上手に使ってナレッジ共有

wiki・ナレッジ・マニュアル

ハドラー

ビジネス向けのチャットツールやSNSなど、企業は何らかの社内情報共有ツールを導入し、コミュニケーションの円滑化を図っています。キーマンズネットが2019年6・7月に行った調査では、全体の62.7%の企業がそれらツールを導入していたそうです(全回当者303人中)。

 

しかし、「社内Wiki」を活用している企業は、他の社内情報共有ツールを活用している企業に比べて圧倒的に少ないのではないかと感じています。おそらく社内Wikiのメリットが広く認識されておらず、「そもそも社内Wikiってなに?」という方もまだ多いのでしょう。

 

そこで今回は、社内Wikiの基本知識とそのメリットを紹介します。「社内Wikiを導入すると、どんな良いことがあるのだろう?」といった視点で見ていただけたら幸いです。

社内Wikiってなに?

社内Wikiと聞いて「Wikipedia(ウィキペディア)」を思い浮かべる人が多いかもしれませんね。インターネット上の誰もが自由に編集し、ウェブ最大の百科事典に成長したのがWikipediaです。社内Wikiは「その社内版」と考えて良いでしょう。

 

企業経営に欠かせない資源にはカネ・ヒト・モノの3大資源の他に、「情報」という極めて重要な資源があります。ただし、情報といっても色々あります。ビジネスを最適化するための膨大なデータ、営業やマーケティングを効率化するための顧客情報、最近ではこうした情報が注目されることが多くなっています。

 

そしてもう1つ、欠かせない情報が「ナレッジ(Knowledge)」。組織全体のビジネスをより良いものにするための「知識体系」です。

 

ナレッジには社内マニュアルや業務ノウハウに加えて、新入社員がベテラン社員に行う質問・相談なども含まれます。つまり、組織内で管理・やり取りされる情報の全てがナレッジであり、それらを地道に積み上げることでかつてないほど強力な情報を手に入れることができます。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

社内Wikiを活用するメリット

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

①生産性が上がる

社内Wikiにてナレッジが蓄積されている企業では、例えば新入社員からベテラン社員への質問・相談回数が少なくなります。業務に対して疑問が生じた時、社内Wikiで参照できる情報があるからです。互いに手間が少なくなれば生産性は確実に少なくなりますし、質問・相談をするとしても一歩踏み込んだ内容で話ができるので、業務への理解度が深まります。

 

②業務上ミスが減る

業務に対して気軽に相談できる先輩・上司がいないという状況下では、物事を独断で進める傾向にありミスが起きやすくなります。特に人材が足りていない現場で皆が忙しくしている中、相談はしづらいもの。そんな時も社内Wikiにナレッジが蓄積されていれば、それを参照しながら業務を進められるのでミスが減ります。

③スキルを共有できる

営業やマーケティングなど全体のスキルアップが売上に大きく響くような部門では、スキルの共有が欠かせません。これこそ、社内Wikiで共有すべきナレッジです。その他、タスク管理のコツなど組織全体での生産性向上を図れるスキルなどもどんどん共有すべきです。

④リスクが小さくなる

組織のあらゆる情報を社内Wikiで共有できれば、様々なリスクを回避できます。特にセキュリティに関しては情報共有が適切にされているかどうかがリスク回避のポイントになります。組織内でサイバー攻撃の兆しが見つかれば、すぐさまその情報を共有するだけでも立派なセキュリティ対策です。

⑤教育の質が変わる

社内Wikiに教育系ナレッジをたくさん蓄積しておければ、新入社員がそれらの情報を閲覧するだけでも業務知識が身に付きます。社員教育は「どれだけ正確な情報共有ができるか?」で質が大きく左右されるので、社内Wikiに教育系ナレッジを蓄積すれば、質の高い教育が実施できると共に教育者の負担も軽減されます。

社内Wikiのポテンシャルを見直そう

いかがですか?簡単に社内Wikiの概要とメリットをご紹介し、その魅力を感じていただけたのであれば嬉しい限りです。円滑な情報共有こそ大切な時代なので、チャットツールやSNSなどに加えて社内Wikiも活用すれば、情報の棲み分けなども行えてより多くのナレッジを蓄積できるのではないでしょうか。

 

生産性向上ツールの「Huddler(ハドラー)」には、タスク管理やファイル共有の他に社内Wikiも備わっています。組織全体や部門内で必要なナレッジを蓄積することが、明日のビジネスをより良くすることは確かです。Huddlerは現在(2021年4月現在)β版での提供となり、今なら全ての機能を無料でご利用いただけます。まだ社内Wikiを活用したことがないという方は、この機会にぜひそのメリットをご体感ください!

ハドラー