【Android版】絶対使うべき”おすすめノートアプリ”5選!

#情報共有・管理メモ・ノート

ハドラー

ノートアプリは、ペーパーレスが進む現代において欠かすことのできないツールとなってきました。学校や会社でもユーザーが年々増加しており、様々な機能が利用できるノートなども提供されています。

 

実際にノートアプリを使ってみたいけれど、どれを選んで良いか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか。今回は、Androidに対応した絶対使ってみてほしいおすすめのノートアプリをご紹介します。

 

こちらの記事もオススメ

iPadで利用したい手書きノートアプリ・メモアプリ5選

ビジネスで役立つ無料ノートアプリ3選 選ぶ際のポイントについても解説

Windowsで使えるデジタルノートアプリ「OneNote」の構成や便利な機能について解説

ノートアプリってどんなもの?

ノートアプリは、一般的に使われているノート同様に大切な情報を書き込むことや、予定やタスク管理のメモ書き、アイデアなどをデジタルデータとして保存することができるアプリです。

 

スマホやタブレットなどの端末があれば、インストールしたノートアプリを使ってテキスト入力ができます。ノートアプリに書き込めるテキストは、キーボードからの入力はもちろん、手書き入力や録音機能を利用してデータを取り込み、デジタルデータに変換することができます。

 

多くの種類が提供されているノートアプリの中には、写真をトリミングして貼り付けたり、付箋を貼ったりしてページをカスタマイズできるものや、pdf編集ができるものなどもあります。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

ビジネスで利用すべきノートアプリの選び方

Androidに特化したノートアプリは、スマホやタブレットなどの端末で利用することができます。学校の授業や研修会、会議やミーティングなど、さまざまなシーンで活用できるノートアプリですが、自分に合ったものを選ぶにはどうしたら良いのでしょうか。

 

ここでは、ビジネスで利用するべきノートアプリを選ぶときのポイントについて詳しくみてみることにしましょう。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

デバイスの確認

ビジネスで活用できるノートアプリには、MacやiPhone、iPadなどのApple製品にのみ対応しているものやAndroidにのみ対応しているもの、両方で使えるものがあります。会社で使っている携帯やタブレットの端末はどれなのかをまずは確認しておきましょう。

 

また、ノートアプリを選ぶ際には、どんなデバイスに対応しているのかを必ず確認しておきましょう。

共有機能の有無

ビジネスとしてノートアプリを利用する場合、会議の議事録や取引先との打ち合わせ内容などをノートに保存し、プロジェクトチームや部署内でデータ共有をしたいと感じることもあるでしょう。ノートアプリには、情報共有機能を搭載したものも多く、写真やメモなどのデータを、オンラインを利用して配信することができます。

 

配信された情報は、リマインダーと呼ばれる通知機能を利用して各ユーザーへ知らせてくれるので、一人一人に情報配信の連絡をする必要もありません。­

情報の整理のしやすさ

手書き入力などを利用してノートアプリに書き記したデータは、そのまま保存してしまうと「プロジェクトごと」や「取引先別」、「業務別」など、様々な種類のデータが混在してしまいます。

 

ノートアプリのフォルダ機能を利用してカテゴリ別に分けることができれば、いつでも必要な情報がどこにあるかがわかります。どんどん蓄積されていく情報の整理のしやすさもノートアプリを選ぶときの重要なポイントになることでしょう。

おすすめノートアプリ5選

 

ビジネスで活用できるおすすめのノートアプリを集めてみました。これから「ノートアプリを使ってみたい」と感じる人は特にこれからの参考にしてみてください。

Evernote

Evernoteは、基本的に無料で利用できるノートアプリです。Andorid端末はもちろん、iPadやiPhoneなどのApple製品にも対応しているので、端末を問わずデータの同期が可能です。 Googleカレンダーと連携することができるので、業務上欠かすことのできないタスク管理やスケジュールなどをまとめて管理することができます。

 

PDFや各種データの添付も可能で、多機能なノートアプリとして高い人気を誇っています。

 

URL:https://evernote.com/intl/jp

Microsoft OneNote

Microsoft OneNoteは、その名の通りMicrosoftから提供されているビジネスノートの代表格とも言えるノートアプリです。MicrosoftアカウントがあればOSを問わず利用することが可能で、データの同期などもしやすいことから多くのビジネスシーンでデータの共有などに活用されています。

 

Microsoft OneNoteには、自動保存機能が搭載されているのでうっかりした保存忘れを防止してくれるため、アプリに慣れていない人でも安心です。

 

URL:https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/onenote/digital-note-taking-app

Google Keep

Google Keepは、Googleが運営しているオンラインを利用した無料のノートアプリです。キーボード入力はもちろん、手書き機能や音声入力機能を利用してスピーディにテキスト入力ができます。デバイスを問わず利用することができるので、端末のOSを機にすることなくダウンロード・インストールして利用することができます。

 

ノートのように書き込むことはもちろん、 ToDo機能やスケジュール管理機能、リマインダー機能を利用してビジネスはもちろん、プライベートでも活用しやすいアプリとして世界中のユーザーから高い評価を得ています。

 

URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.keep&hl=ja&gl=US

Simplenote

Simplenoteは、初心者でも使いやすいデザインと操作性が魅力のノートアプリです。名前の通りのシンプルさで、書き込むことに特化しているため、余計な機能は必要ないと感じている人には特におすすめです。

 

バックアップ機能やデータ管理のためのフォルダ機能が充実しており、データ共有機能も可能で、デバイスを問わず利用することができます。

 

URL:https://simplenote.com/

Dropbox Paper

Dropbox Paperは多機能で高品質が世界中のユーザーから人気を集めているノートアプリです。テキストデータだけでなく、動画や画像、ピンタレストのボードやGoogleマップなど、あらゆるデータをドラッグするだけでデータ保存ができます。

 

URL:https://www.dropbox.com/ja/paper

まとめ

ノートアプリは、重要な情報を書き込むだけでなく、写真や動画を貼り付けて複数人と情報を共有することができるツールであることがわかりました。ビジネスで使える様々な機能を搭載したノートアプリは、テレワークや在宅勤務など働き方改革が推進されている近年のニーズに沿ったアプリの一つであると言えるのではないでしょうか。

 

ぜひこの機会にノートアプリの導入を検討してみてはいかがでしょう。

ハドラー