【2021年版】メジャーどころのノートアプリ比較8選

#情報共有・管理メモ・ノート

ハドラー

ノートアプリは、スマホやタブレットにインストールして利用する人気のアプリです。ちょとしたメモ書きから議事録など、ビジネスシーンでもプライベートでも手軽に使えるノートアプリですが、その種類の多さから「どれを選んで良いかわからない」と感じている人も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、2021年版特に人気のあるメジャーなノートアプリ比較8選をご紹介します。

 

こちらの記事もオススメ

ビジネスで役立つ無料ノートアプリ3選 選ぶ際のポイントについても解説

Windowsで使えるデジタルノートアプリ「OneNote」の構成や便利な機能について解説

iPadで利用したい手書きノートアプリ・メモアプリ5選

ノートアプリを選定するコツ

ノートアプリを選ぶ際の一番のポイントは「使いたい機能があるかどうか」ということでしょう。ノートアプリには、音声認識機能や手書き機能など便利な書き込み機能が搭載されているものや、他端末との連携ができる同期機能や情報共有機能などが使えるものもあります。

 

まずは、自分が「どんな機能を利用したいのか」を明確にし、利用目的に合わせてアプリを選ぶのが良いでしょう。また、あまり使い慣れていないという人なら「使いやすさ」を重視することをおすすめします。いくら便利な機能がたくさんあっても、使い方が分からなかったり、使いにくかったりでは意味がありません。

 

見やすく使いやすい操作性に富んだ初心者向けのシンプルなものを選ぶのが良いでしょう。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

Good Notes5

Good Notes5は、Macをはじめ世界中のiPhone、iPadユーザーから特に使いやすいと定評のある人気のグループウェアです。980円の買い切りタイプなので、オフラインでの利用も可能です。Good Notes5でのノートは表紙と中身を自由にカスタマイズすることができるので、自分の好みに合わせたノートを楽しむことができます。

 

ビジネス・プライベートなどのカテゴリ分けでノートをみやすく管理することができるほか、下方向への無限スクロールで余計な手間がかかりません。保存されたデータは自動バックアップ機能が搭載されているので、万が一スマホが壊れたり、紛失してしまったりした場合も大切なデータをしっかり守ってくれます。

URL:https://apps.apple.com/jp/app/goodnotes-5/id1444383602

Noteshelf

Noteshelf は、MacやiPhone、iPadなどのApple製品に対応したノートアプリです。1、220円での買い切りタイプなので、機種変更をしても引き継いでの利用ができます。Noteshelfでは豊富なテンプレートが用意されているので、ノートの表紙や中身はもちろん、利用するペンの種類までカスタマイズが可能です。

 

カラフルで質感の違うペンを使い分けることで、自分だけのおしゃれなノートを楽しむことができると女性からの人気が高いアプリでもあります。ちょっとしたメモを貼り付けるための付箋や、撮影した写真の不要な部分を切り取って貼り付けができるトリミング機能も搭載されているので、ノートを効果的に利用することができます。

URL:https://apps.apple.com/jp/app/noteshelf/id1271086060

penultimate

penultimateは、基本的な操作のみなら無料で利用できるノートアプリです。カレンダー機能やタスク管理を利用したい場合は120円、Evernoteとの連携でより効果的にpenultimateを活用したいなら600円など、利用したい機能を追加する際に料金が発生する仕組みになっています。penultimateでは、テキスト入力はもちろん、充実した手書き入力を活用することでより便利にメモやスケッチを書き込むことができます。

 

機能はもちろん、見た目もシンプルなデザインなので、アプリを使い慣れていない初心者にもおすすめ。まずは無料で利用してみて、使いやすければ色々な機能を追加してみるのが良いでしょう。

URL:https://apps.apple.com/jp/app/penultimate/id354098826

Note Always

Note Alwaysは、Apple Pencilでの手書きの書き込みを前提として開発されたノートアプリです。1,840円の買い切りタイプで、iPhoneやMac、iPadなどで利用することができます。

デザインのラフスケッチやプレゼン資料の下書きとして特に使いやすく、移動中や出先など、思いついた時にその場でざっと書き記すことができます。

 

乱雑に描いた線も丁寧に描かれた線のように変換してくれるので、後から見たときにわかりにくいという心配もなし。手書きの文字や図形をみやすく変換してくれます。縦横のレイアウトやペンの種類や色のカスタマイズなど、自由度の高いノートアプリとして人気を集めています。

URL:https://apps.apple.com/jp/app/note-always/id1108733742

MyScript Nebo

MyScript Neboは、11ヶ国語に対応しているApple製品向けの人気のアプリです。手書きの文字をデジタルテキストとして保存することができるので、授業用のノートやセミナー用の受講ノートとして活用されています。

 

テキスト化された文字は、手書きで何度でも編集することが可能で、写真や数式などと一緒にレイアウトすることで、よりみやすいノートを作成することができます。MyScript Neboは、基本的な機能はすべて無料で利用できますが、PPTやPDF編集などの機能を使いたい場合は、有料プランへの申し込みが必要になります。

URL:https://apps.apple.com/jp/app/nebo-%E3%83%A1%E3%83%A2%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%81%A8%E6%B3%A8%E9%87%88/id1119601770

Notes Plus

Notes Plusはシンプルなデザインとわかりやすい操作性が人気のノートアプリです。1,220円で買い取りすることができるので、一度購入すればオフラインでの利用が可能になります。

キーボードでのテキスト入力はもちろん、手書き文字をテキストに変換したり、録音した音声をデジタルデータに変換したりしてくれるので、会議の議事録や講義やセミナーなどにも利用することができます。

 

カスタマイズできるペンの種類は、その場でプレビューを利用して確認することができるので、自分だけのわかりやすく使いやすいノートを取ることができます。

URL:https://apps.apple.com/jp/app/notes-plus/id374211477

OneNote

OneNoteは、Microsoftが提供しているノートアプリです。無料で利用できる高品質なアプリで、PCユーザーをはじめ、多くのスマホユーザーからも高い評価を得ているアプリです。フォルダごとに区分けするファイルの整理やノートシールによって重要なデータを強調させたり、インクを変えてさまざまな質感のテキストを保存したりすることができます。

 

他アプリとの連携によってより効率的にアプリを操作することが可能で、データの共有によってグループウェアのように使いこなすこともできます。

URL:https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/onenote/digital-note-taking-app

Notability

Notabilityは、テキスト入力と手書き入力、音声入力に特化したノートアプリです。会議で誰かが話ししている内容やミーティングでの打ち合わせ内容を録音・テキスト化し、デジタルデータとして保存しておくことができます。

 

Notabilityの特徴の一つであるマルチノートは、2つの異なるノートを画面上に並べ、それぞれを見比べながら閲覧・編集することができる機能です。参考資料を見ながらノートをまとめるなどの際にはとても便利で、学生はもちろん、ビジネスシーンでも便利に活用することができます。

URL:https://apps.apple.com/jp/app/notability/id360593530

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

まとめ

便利に使えるノートアプリはまだまだたくさんの種類があります。自分に合ったノートアプリを見つけるためには、お試しトライアルなどを利用して実際に使ってみるのが良いでしょう。実際に、試しに使っているだけでも、操作にも慣れてどんなノートアプリが良いのかが実感できるようになるのではないでしょうか。

 

ぜひこの機会に便利なノートアプリを利用してみてはいかがでしょう。

ハドラー