スマホのメモアプリ!便利に使いこなすためのオススメ6選!

メモ・ノート

ハドラー

メモアプリは、スマホやPCなどで使えるデジタルメモ帳アプリです。ちょっとしたメモ書きを手軽に利用することができるので、手書きのメモより使いやすいと感じている人も多いのではないでしょうか。メモ帳とはいえ、本当にシンプルなものから多機能なものまで実にさまざまなアプリが提供されているので、どれを選んで良いのか迷ってしまうこともあるでしょう。

 

そこで今回は、スマホのメモアプリで使いやすく便利なオススメを厳選してご紹介します。

 

こちらの記事もオススメ

メモの共有してる?共有するメリットや方法、注意点について

ブラウザでメモ機能を使いたい!使いやすいサービスのご紹介

iPadで利用したい手書きノートアプリ・メモアプリ5選

 

メモアプリをどう選ぶか

メモアプリを便利に使いこなすためには、自分にあったメモアプリを選ぶことが大切です。ここでは、メモアプリをどう選ぶかのポイントについて詳しく見てみることにしましょう。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

使用用途を考えてみる

メモアプリを選ぶときにまず決めておきたいのは、「ビジネス」用か「プライベート」用かの使用用途です。ビジネスならデータ共有やTo Doリスト、プライベートなら手軽な付箋タイプや色分け機能がついているものなど、それぞれにオススメの機能も異なります。

クラウド機能が使えるかどうか

スマホやPC、タブレットなどさまざまなデバイス間でデータを共有するなら「クラウド機能」が搭載されているメモアプリを選ぶのが良いでしょう。スマホで書き込んだメモをPCで編集することもできるので、仕事として活用したい人には特にオススメです。

バームリジェクション機能が搭載されているかどうか

メモアプリには、キーボードを使ったテキスト入力のほか、手書き入力した文字をテキスト化してデータにすることができる機能がついているものもあります。メモアプリの手書き機能を利用するには、スタイラスペンを利用して入力する人が多いのですが、ドラッグで文字を書く際、手や服が触れた部分までも読み込んでなかなかうまく文字認識がされないということがあります。

 

バームリジェクション機能が搭載されていると、ペン以外のタッチを認識しないので、ストレスを感じることなく手書き入力ができます。

画像・PDFに対応しているかどうか

メモアプリには、画像やPDFを読み込んで、貼り付けたり書き込んだりすることができるものもあります。会議中のホワイトボードを撮影したものや、データとして受け取ったPDFファイルを保存したり、印刷したりできる機能が付いていると、ビジネスツールとしてより便利に使いこなすことができます。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

オススメのスマホのメモアプリ

スマホで使えるオススメのメモアプリを集めてみました。基本的にはどれも無料で使用することができますが、一部課金性のものもあります。有料のメモアプリでは、月額料金を支払うことで煩わしい広告を非表示にすることができるほか、利用制限を解除してすべての機能を利用することができるようになるものが多いようです。

Notebook

To Doメモやアイデア、議事録など、ブライベートやビジネスごとにノートを作成し、それぞれを区分分けして管理することができる多機能なメモアプリです。ノートごとにタイトルや表紙カバーを設定したり、それぞれのノートにページを追加していったりすることもできます。リストやチェックボックス、画像添付、手書きメモなどに対応しています。

Sticky Note

メモした内容を付箋のようにスマホのホーム画面にぺたぺたと貼って活用できるメモアプリです。いちいちアプリを起動しなくても必要なメモはすぐに確認できるので、プライベートでのお買い物リストや、ビジネスシーンでのTo Doリストとして活用することができます。文字サイズや背景カラーの変更などもできるので、プライベートとビジネスで色分けしたり、優先順位をつけて管理したりするのに適しています。

 

無料版では、3つまで作成することができますが、月額490円で無制限でのメモ作成も可能になります。

Google Keep

Googleが提供しているメモアプリで、Googleアカウントとインターネット環境さえあれば、いつでもどこでも手軽に利用することができます。Androidに標準搭載されているメモアプリですが、iPhoneやPCでの使用もできます。Googleアカウントがあれば、スマホでもPCでも利用することができるので、データの共有には最適です。

 

また、リマインダー機能が搭載されているので、予定を書き込んだスケジュール帳としての利用もできます。

Color Note

付箋のように利用できるメモアプリです。9色の色が使えるので、カラフルに色分けされたメモ帳をぺたぺたとホーム画面に貼り付けて使うことができます。いちいちアプリを開く手間がないので、お買い物の際にもとても便利。ビジネスはもちろん、プライベートでもメモ書きやTo Doリストとして活用する人も多いようです。

 

大切なデータには、パスワードをつけてロックしたり、データをバックアップしたりすることも可能。AndroidやWindowsに対応したアプリです。

シンプルノート

AndoridやWindows、iPhoneやMacなど、デバイスを問わず使えるメモアプリです。それぞれの端末でデータを共有することができるほか、フォルダごとにノートを管理することができるので、仕事やプライベートなどそれぞれのカテゴリごとにメモを管理することができます。

 

23色のテーマカラーと25種類のフォントから自分の好みに合わせてノートをカスタマイズすることができます。検索機能やタグ付機能で、メモデータを分類わけすることも可能。シンプルなデザインで使いやすくカスタマイズ性に優れたメモアプリです。

Evernote

インターネット環境があれば、デバイスを問わず利用できるメモアプリです。入力されたデータはすべてインターネットを通じてクラウド上で保存されるため、万が一デバイスが使えなくなっても安心です。メモとしてのテキストデータはもちろん、リストや画像、PDFなど、さまざまなデータを貼り付けて保存しておくこともできます。文字装飾やカラー変更などもできるので、一般的な文書も作るほどの高機能さ世界中からの支持を集める人気のメモアプリです。

 

自分で書いたイラストや図案をアイデアとして残したり、共有したりして効率的に活用することができます。

まとめ

メモアプリは、買い物リストや持ち物リストとしてのチェックリスト機能やTo Doリスト、データを同期して他のデバイスと共有することができることがわかりました。ビジネスでもプライベートでもいろいろな使い方ができるメモアプリは、使用用途を明確にした上で、自分にあったものを選ぶのがコツです。

 

是非この機会に便利に使えるメモアプリを探してみてはいかがでしょう。

ハドラー