Google Keepの基本的な使い方!多機能で操作性の良いメモ帳ツールを徹底解説

Google Keep

Google Keepの基本的な使い方!多機能で操作性の良いメモ帳ツールを徹底解説

Google Keepは、Googleが開発・提供しているメモ帳ツールです。主にAndroidがインストールされた端末でメモ帳アプリとして利用されていますが、インターネット環境があればPCでもiPhoneでも使えるマルチデバイス対応の便利なメモ帳です。今回は、Google Keepの基本的な使い方と、初心者も使いやすい高い操作性のメモ帳ツールとしての機能性を詳しくご紹介します。

Google Keepの特徴

Googleアカウントがあれば、誰でも利用できるGoogle Keepは、プライベートやビジネスでも使える多機能なメモ帳ツールです。インターネット環境があれば、スマホやタブレット、PCを利用していつでもどこでも利用できるので、出張先やテレワークなどにもおすすめです。入力したデータは全て自動保存でGoogleクラウドに保存されるため、万が一端末が使えなくなっても大切なデータを紛失する心配もありません。

 

そのほかにもさまざまな特徴をもつGoogle Keepの詳細について、次の章で詳しくご紹介します。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

Google Keepの基本的な使い方

Google Keepでできること、基本的な機能とその使い方について詳しくみてみることにしましょう。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

メモ作成・編集

まずは、メモを作成します。手順は以下の通りです。

 

1.画面左側にあるサイドメニューから「メモ」をクリック

2.中央に表示されたボックス内の「メモ」をクリックすると、以下のようにボックスが広がります。

3.「タイトル」と表示された部分をクリックしてメモのタイトルを入力します。

4.「メモを入力」をクリックしてメモしたい内容を入力します。

入力した内容は全て下の広い部分に保存されていくので、「閉じる」をクリックしてメモが表示されているかを確認してみましょう。

リスト作成

Google Keepでは、ToDoリストやタスク管理のようにチェックリストを作成することができます。作成手順は以下の通りです。

 

1.画面左側にあるサイドメニューから「メモ」をクリックします。

2.中央に表示されたボックス内の「メモ」をクリックして、下に並んだボタンの中の「…」のボタンをクリックして表示されるドロップダウンメニューから「チェックボックスを表示」をクリックします。

3.表示されたボックス内の「+リストを追加」をクリックして項目を入力します。

 

図形の描画

Google Keepでは、フリーハンドで図形を作成することができます。ペンの種類や色を選択して描画してみましょう。

 

1.画面左側にあるサイドメニューから「メモ」をクリックします。

2.中央に表示されたボックス内の「メモ」をクリックして、下に並んだボタンの中の「…」のボタンをクリックして表示されるドロップダウンメニューから「図形描画を追加」をクリックします。

3.画面が切り替わったら、上部に表示されたボタンを使ってフリーハンドで図形を作成します。背景をマス目や横線で表示させたい時には、中央上部にある四角いマス目のボタンをクリックして「格子」、「点」、「横線」、「なし」の中から選ぶことができます。

 

さらに、作成した図形を左上のボタンを使って選択し、動かしたりサイズを買えたりすることもできます。

 

4.必要があれば、右上の「…」をクリックして「画像をエクスポート」し、pngファイルとして保存することもできます。

ラベルの追加・色の変更

Google Keepでは、メモにつける「ラベル」を追加することができます。

 

1.画面左側にあるサイドメニューから「メモ」をクリックします。

2.中央に表示されたボックス内の「メモ」をクリックして、下に並んだボタンの中の「…」のボタンをクリックして表示されるドロップダウンメニューから「ラベルを追加」をクリックします。

3.「メモに付けるラベル」の「ラベル名を入力」をクリックして付けたいラベル名を入力します。ラベルは複数入力が可能で、メモごとに付けるラベルを選ぶことができます。

もしくは、左サイドメニュー内にある「ラベルの編集」をクリックして表示されるボックスを使ってラベルを作成したり編集したりすることもできます。

作成したメモやリストのアーカイブ

重要な情報を入力したメモ帳は「アーカイブ」しておくと他のデータとの管理がしやすくなるので便利です。

 

1.画面左側にあるサイドメニューから「メモ」をクリックします。

2.中央に表示されたボックス内の「メモ」をクリックして、下に並んだボタンの中の「アーカイブ」のボタンをクリックします。

3.左サイドメニューの「アーカイブ」をクリックしてメモ帳が保存されていることを確認しましょう。

リマインダー設定

Google Keepで作成したメモ帳やリストに「リマインダー」を設定して通知させることができます。タスク管理や予定などを入力してリマインダーを設定しておくと、うっかり忘れを防ぐことができます。

 

1.画面左側にあるサイドメニューから「メモ」をクリックします。

2.中央に表示されたボックス内の「メモ」をクリックして、下に並んだボタンの中の「リマインダー」のボタンをクリックします。

3.表示されたメニューから通知させる日時や場所の設定をします。

Google Keepのワンランク上の使い方

スマホやタブレットなどの小さな画面で文字入力が苦手という人は、Google Keepの手書き入力や音声入力がおすすめです。Google Keepの手書き入力は、画面に専用ペンなどで文字を手書きするとそれをテキストデータとして変換してくれるというもの。

 

さらに音声入力は、端末のマイク機能を使って発音した言葉をそのままテキストデータに変換してくれる便利な機能です。

 

また、Google Keepには、データを共有する機能が搭載されていいます。例えば、Google KeepでToDoリストを作成し、指定したメンバーと共有すれば、メールなどでの連絡をしなくても情報共有が可能です。

 

情報が更新されれば、リアルタイムで他の人にも同様の内容が表示されるので、Zoom会議をしながらメンバー間で内容を確認していくこともできます。