webブラウザで使えるメモ帳ツール4選!手書きできるおすすめサービスも!

  • #情報共有・管理
  • メモ・ノート
webブラウザで使えるメモ帳ツール4選!手書きできるおすすめサービスも!

仕事をしていると、何かとメモをとる機会が多いでしょう。手書きで済ませることもあれば、パソコンの『メモ帳機能』を用いてメモを取る方もいるとおもいます。そこでメモをとる方法の一つとして、ブラウザで使えるメモがあるのはご存じでしょうか。

 

今回この記事では、ブラウザで使えるメモの紹介と、オススメのメモ帳サービスを紹介していきたいと思います。

 

こちらの記事もおすすめ

メモの共有してる?共有するメリットや方法、注意点について

おすすめメモカレンダーアプリ10選!選ぶ際のポイントについても詳しく紹介

メモの取り方を改善!仕事の効率が上がる効果的な活用方法

ブラウザでメモをとる目的

メモをとるなら様々な方法がありますが、なぜえブラウザのメモ帳サービスを使うのでしょうか。メモ管理をしやすくするためや、企業内で共通のサービスを使うことで共有のしやすさを図るためにあると言っていいでしょう。

 

メモはただ書くだけではなく、『そのメモに何が書いてあるのか』『何のためにメモをしたのか』を把握するためにまとめる必要があります。そしてメモの共有をすることで業務の効率化も図れるため、ブラウザのメモ帳サービスを使うのは重要です。

サインアップバナー

ブラウザでメモをとるメリット

ブラウザでメモをとる場合どういうメリットがあるのでしょうか。まず、アプリやソフトとは違ってダウンロードをしなくていいので、瞬時に使うことが出来ます。さらに、メモを紛失することもありません。

 

実際の紙でメモをとった場合、何かの拍子にメモを失くしてしまうこともあります。さらに大量のメモがある場合には、ワードで検索することも可能です。

ブラウザでメモ帳を利用する注意点

ブラウザでメモをとる場合、図や記号を記入するのが難しいので注意が必要です。一部のブラウザメモ帳サービスには、自由度が高くて図や記号、絵などが書けるものもありますが、基本的にはキーボードの手打ちで入力するものがほとんどと言って良いでしょう。

 

また、自由度が高いブラウザメモ帳サービスの中には、料金が発生するものもあるので、そこも気を付けるべきです。

ブラウザで使えるオススメのメモ帳サービス

それではここからはオススメのブラウザメモ帳サービスを紹介していきたいと思います。

サインアップバナー

Google Keep

こちらは『Google』が提供しているメモ帳サービスになります。手書きの記入や音声入力も可能となっており、直感的な操作でメモをとることが出来るため誰でも使えるでしょう。最大の特徴は、画像に書いている文字をテキストに起こせるところです。

Evernote

こちらはメモだけではなく、スケジュールやタスクも管理出来るメモ帳サービスです。そして文字以外にも、位置情報も記録することが可能なので、かなり多機能と言えます。無料で利用可能となっていますが、有料のプランもあるため、複数の端末でデータを共有したい場合にはうってつけです。

Onenote

こちらは『Microsoft』が提供しているメモ帳サービスになります。こちらはoffice系のツールと画面遷移が似ているため、office系のツールを使ったことがある方には入り込みやすいでしょう。そして手書き機能が搭載されており、黒ペン以外にも蛍光ペンなどで文字を記入することが可能です。

Zoho Notebook

こちらはパソコンやスマートフォン、タブレットに対応したメモ帳サービスになります。オシャレな見た目で尚且つ見やすさにも特化しており、色に分けてメモ帳を管理することが可能です。そして何よりもアカウント作成が不要で利用出来るのも大きな特徴と言えます。

Googleの拡張機能にもある!

Googleが提供しているGoogle keepもメモ帳サービスになりますが、他にもGoogleの拡張機能には、メモ帳として使える機能もあります。続いてはそんなメモ帳としても使える拡張機能を紹介していきますので、ぜひご覧ください。

Diigo

『Diigo』は色々な方法でWebページを保存したり、メモを記入したり出来る拡張機能です。ブックマークに追加したWebページは、注釈をつける事が可能で、分からない単語や解説したい部分につけるといいでしょう。

 

また、気になった箇所をハイライトで表示させることも可能で、Webページをよく使う方にとってはとても便利な機能です。

Hypothesis

『Hypothesis』という機能も、Webページに書き込みが出来るメモ機能になっています。こちらはDiigoとは違い、Webページに書いたメモやハイライトした部分を他のメンバーと共有することが可能です。

登録なしでブラウザで手書きしたい場合は?

とにかくシンプルに、メモ帳に手書きするような感覚で描きたいということであれば、アカウント登録なしで、ブラウザ上で描写できるサービスもあります。書き出しもできるため、簡単な図やイラストイメージくらいであればささっと描いて共有することも容易にできます。

Kakeru

Kakeru

『Kakeru』とはウェブブラウザで動く手書きメモアプリで、パソコンやタブレット、スマートフォンなど様々なデバイスでマウスや指を使って書き込むことができるサービスです。同時編集や書き出しにも対応しているため、ビジネスでのディスカッションにも便利です。

 

ARA WEB

ARA WEB

ARA WEBはブラウザで使えるメモサービスの中でも、群を抜いてシンプルなサービスです。装飾できる機能はなく、「消す」「保存する」のみの機能です。保存される形式はjpegで、最短で書く→保存するまでが完了します。

 

メモにも使えるおすすめツール「Huddler」

仕事に関するメモからプライベートのメモ、関連するファイルまであらゆる情報をシンプルに直感的に蓄積することができるおすすめツールが「Huddler(ハドラー)」です。もちろん個人的なストックとしても活用できますが、必要に応じて他の人にURLやメールで共有したり、スケジュール管理なども一つのツール内で完了することができます。

現在無料のβ版で提供しており、容量制限もなく初めてITツールを使うという方でも気軽に利用することができます。

 

Huddler(ハドラー)とは

Huddlerサービスサイト会議を起点とした情報マネジメントツール「Huddler(ハドラー)」
https://service.huddler.app/

 

会議を起点とした情報マネジメントツール「Huddler」は 業務における情報を適切に管理し、チームとビジネスを前進させる⽣産性向上のためのサービスです。

 

Huddlerには「会議」「タスク」「wiki」「ファイル」の4つの機能が備わっており、掛け合わせることで業務効率化を実現します。

 

  • リモートワークと出社するメンバーが混在しており、チーム内の業務がいまいち分からない
  • 業務効率化ツールはIT企業向けのプロジェクト管理ツールばかり
  • 打ち合わせで伝えたタスクに認識のズレがあり、思い通りに進まない
  • カスタマイズをしないと便利に使えないツールが多い

 

このような情報管理における様々な課題を簡単に解決することができます。

Huddlerの4つの機能

会議

Huddlerの会議機能はルームごとに会議の内容が格納され、情報の整理が簡単にできる機能です。Huddlerでは、内容を記載すると自動で保存される仕様になっているため、他のメンバーへのリアルタイム共有が可能となります。またテキストを直感的に入力するだけでなく、それぞれの会議に紐づけたい画像やPDFファイルなどの資料、会議で出た「タスク」など、あらゆる情報を記載・添付することが可能です。

 

タスク

Huddlerは会議に紐づけてタスクの管理をすることもできます。会議ごとに紐づけられることによって、前回の打ち合わせで誰がいつまでにどんなタスクを与えられたのか、そのタスクの進捗状況はどうなのかを逐一確認することができ「言った言わない問題」や「認識の齟齬」によるトラブルを回避することができます。

 

Huddler task

併せてタスクを一覧で看板形式で管理することができます。「トレイ」と「タスク」の2つの要素で構成されており、縦軸のトレイも目的や用途に合わせて自由に作成することができます。例えば、ワークフローを軸に管理する場合はステータスでトレイを分け、担当を軸に管理する場合は 担当者名でトレイを分けます。 チームのニーズに合わせてトレイは⾃由に作成できます。

タスクはドラッグ&ドロップで簡単に移動することができるので、進捗状況に合わせてトレイを移動させて常に最新の情報を共有することができます。 タスク名、担当 、期限をそれぞれ設定することが でき、タスクごとにコメントも残せるので、 進捗確認にも便利です。

 

wiki

Huddler wiki

Huddlerのwiki機能はルームごとに共有したいあらゆる情報をストックできる機能です。社内マニュアルや日報など様々な情報を直接蓄積することができます。「マニュアル類」「業界ニュース」「リンク集」などそのルームの目的や用途に合わせてカテゴリ分けをし、社内wikipediaとして運用することができます。そのほかに、他のユーザーに編集権限を付与することができたり、投稿毎にコメントの可否を設定できたり共有する内容によってカスタマイズすることが可能です。マークダウン記法にも対応しています。

 

ファイル

Huddler file

Huddlerのファイル機能はシンプルで誰でも使いやすい仕様になっています。ルームごとにデータを蓄積することができ、フォルダの名前は「クライアント名」や「メンバーごと」、「レポート用」など、チームの目的や用途ごとに合わせて自由に決めることができます。会議に添付したファイルも自動でファイルに集約され、一元管理することが可能です。

 

Huddlerは現在無料で全ての機能をご利用いただけます。アカウント登録はこちらから。

 

まとめ

ブラウザのメモ帳サービスを紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。ただ文字で何かを記入するだけではなく、写真や動画の添付、画像からテキストを読み取ることも可能なため、かなり多機能です。これを使いこなせば仕事の効率化も図れるでしょう。

 

この記事を読んで、ブラウザメモ帳サービスの利用を考えるきっかけになれば幸いです。