社員教育は必要?人材育成の目的と効果的な社員教育の実施方法を理解しよう

#マネジメント

ハドラー

人材育成は、企業が成長していく過程において必要不可欠な要素のひとつです。企業の戦力となる優秀な人材を育成するためには、社員教育が欠かせません。近年では、人材不足を補うべく社員を育て上げるための熱心な社員教育を導入する企業も増えてきました。

 

そこで今回は、社員教育の必要性を理解し、どんな社員教育の方法があるのか、またそのタイミングについて詳しくご紹介します。

 

こちらの記事もオススメ

ボトムアップってどういう意味? トップダウンとの違いは?メリットや効果を徹底解説!

社員教育は必要?人材育成の目的と効果的な社員教育の実施方法を理解しよう

ナレッジとは?ビジネスシーンにおける使い方や意味について

社員教育の必要性

近年多くの企業が社員教育を見直し、定期的な研修やセミナーなどを実施して育成に力を入れるようになりました。その背景には、深刻な社会問題の一つである「人材不足」という課題があります。

 

社員教育によって社員それぞれが会社への理解を深め、ビジネスマナーや社会人として必要なスキルや知識を身につけることは、会社の即戦力として利益を生み出してくれる仕組みにつながります。

 

人材育成によって社員を育成し、会社の成長を促進させるためにも社員教育は企業にとって必要不可欠であるといえるでしょう。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

社員教育の目的

社員教育を行うには、「社員教育を受ける側にどんなことを身につけてもらいたいのか」、「何を理解して欲しいのか」など、実施する側が明確な目的を持って実施しなくてはなりません。ここでは社員教育を行う3つの目的について理解しておきましょう。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

企業理念や経営方針の浸透

企業理念や経営方針は、企業が目指すビジョンや理念を示す大切なものです。社員全員が企業理念や経営方針をしっかり理解することで、社内全体の意識を高めることができます。

 

自分がどんな目標に向かって会社に貢献できているのかという明確な目的な見えるようになることで、会社全体の結束力をより強いものにしてくれることでしょう。

会社の生産性の向上

社員教育で基本的な業務の知識やスキルを習得することは、社員のスキルアップはもちろん、会社の生産性を向上することにもつながります。新入社員研修はもちろん、一定の勤続年数になった社員には、「ビジネスマナー」や「マーケティング」などのスキルアップに役立つ研修、役職者には「リーダーシップ」研修など、定期的な社員教育の場を儲けることが必要になります。

コンプライアンスの周知徹底

企業に従事する社員は、ひとりひとりが企業の顔として働くことになります。社会人としての常識やマナーは、特に新入社員に向けた研修として必要不可欠です。主観的な考え方ではなく、お客様や取引先の立場になって丁寧な対応ができる優秀な社員を育成するためにもコンプライアンスの周知徹底が必要不可欠となります。

社員教育を実施するタイミングは?

社員教育は、「誰に、いつ行うべきか」のように、社員教育を行うべき対象者と実施のタイミングを明確にしておくことも重要です。いつ、どのタイミングでどんな研修をすべきなのか、ここで詳しくみてみることにしましょう。

入社内定者や新卒者に向けた新入社員研修

まず、自社へ入社が決まった中途採用や新卒の場合、入社前もしくは、入社後に行うべきなのが「新入社員研修」です。企業理念や経営方針、ビジネスマナーなどの基本的な知識とスキルを身につけることが目的となります。

 

実施のタイミングは、企業によって異なりますが、入社時には多くの企業で行われている研修の一つです。

部署への配属後に行う現場研修

中途採用や新入社員の研修終了後、それぞれが各部署へと配属されていくことになります。

それぞれの部署では、業務内容が異なることもあり、仕事の流れや対応の仕方をより具体的に学んでもらうことになります。

 

現場研修と呼ばれるこの研修では、その部署の教育係が担当してくれることがほとんどですが、人数によっては講義のように全体に対して行われる場合もあります。

一定の勤続年数が経過したらスキルアップ研修

入社し、一定の年数が経過すると、たいていの場合は個々の部署で様々なスキルを身につけていることでしょう。スキルアップ研修は、そうした人材を対象に、より一層の活躍をしてもらえることを目的とした「スキルアップ」、「キャリアアップ研修」などが行われます。

 

これは、社員のモチベーションを向上させ、長く働いてもらうためにも重要な意味を持つ研修でもあります。

管理職への昇進が決まったらリーダー研修

管理職への昇進が決まったら実施されるのが「リーダー研修」または「管理職研修」です。ここでは、チームマネジメントやチーム内でのリーダーシップを習得することを目的とした研修が行われます。会社の重要な役割を担う人材としてのさらなるスキルアップが求められることになります。

社員教育の方法

一般的な企業研修で行われている社員教育の方法としては、「社内で行うもの」と「社外で行うもの」があります。それぞれの特徴と方法について詳しく見てみましょう。

OJT

社内研修の代表的なもののひとつが「OJT」です。OJTは「On The Job Traning」の略語で、実際の現場に立って通常業務に携わるという実践的な研修方法です。教育担当の社員がついてくれることもありますが、一定期間が過ぎると一人だけで業務を行うことになりますが、ステップを踏んで実務を経験できるため、スキルアップには特に効果的です。

セミナー・研修

集団講義のような形式で行う社外研修では、一般的にセミナーや専門スキルの研修などが実施されています。一つの目標を持った仲間たちと研修を受けることになるので、人脈形成やモチベーションの向上にも効果的です。個別での対応には向いていませんが、その場で質疑応答ができるので、積極的な参加姿勢が求められます。

e-ラーニング

e-ラーニングは、インターネット環境を利用してスマホやPCなどで必要なスキルを身につけるためのセミナーを受講することができます。基本的なPCスキルやビジネスマナーなど、豊富な受講内容が用意されているので、コストをかけることなく効果的に社員教育を行うことができます。

まとめ

社員教育は、会社の理念や方針を周知してもらうことや、生産性向上に非常に効果的であるということがわかりました。ただし、とりあえず研修を行えば良いというものではありません。質の良い社員教育を実施することで、より会社の利益に貢献する優秀な社員が育成されていることにつながります。

 

ぜひこの機会に社員教育についての理解を深めてみてはいかがでしょう。

ハドラー