デジタルシフトとは?意味や企業戦略の影響や成功のポイントを紹介!

#マネジメント

ハドラー

今やスマートフォンやパソコンなどのタブレットが普及し、様々な事柄のデジタル化が進んで便利になってきました。そんな中ビジネス面では『デジタルシフト』が強く求められています。日本は各国と比べてもデジタルの導入率が低く、他の国との差が大きく開いてしまっているのが現状です。

 

しかし、5Gネットワークの登場により、日本国内でもデジタル化を進めるいい機会になっています。

 

こちらの記事もオススメ

ペーパーレスとは? なぜ今進められている?ペーパーレス化の重要性やペーパーレスの対象になるものを紹介します

ペーパーレス化を導入し、進めていくにはどうしたらいい?その方法を徹底解説!

アナログな日報管理をしていませんか? 日報の管理はアプリが優秀! おすすめアプリも併せてご紹介

デジタルシフトとは?

デジタルシフトとは、デジタルの技術を用いて暮らしを便利にしていく取り組みです。『デジタル化』と意味が似ていますが、ビジネス面では企業の経営からマーケティング、労務管理など様々な面でデジタル化を推進していく取り組みのことを示します。

 

今までは店舗に直接言って、商品を購入していましたが、今ではスマホやパソコンを用いて通販で購入することが可能です。こういった取り組みもデジタルシフトと言えるでしょう。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

デジタルシフトの重要性

デジタルマーケティングを取り入れるためにも、デジタルシフトは重要ですが、業務の効率化を測るためにもデジタルシフトが重要と言えます。今までは紙の書面などを用いて会議で説明したり、顧客に商品を紹介したりしていました。

 

これを全てデジタルに切り替えると、わざわざ会議の前に書面を用意する必要がなくなり、顧客に見せるパンフレットやカタログで荷物が多くなることもなくなるでしょう。そういった面で、デジタルシフトが重要になります。

デジタルシフトが求められる背景

デジタルシフトが必要とされている背景についてですが、デジタル技術の進捗に起因しています。上記でも記述した通り、今では顧客がスマートフォンやパソコンを用いて、通販で商品を購入するようになりました。

 

これは消費者行動のデジタル化が大きく進んでいることを示します。それに伴って企業でもデジタルシフトをしないと、顧客を集めるのが難しくなり、ビジネスで勝ち残るのが非常に難しくなりました。

デジタルシフトのメリットとデメリット

それではデジタルシフトを導入することで、どのようなメリットとデメリットが生じるのでしょうか。そのメリットとデメリットについて、下記で具体的に紹介していきたいと思いますので、ぜひ一読ください。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

メリット

デジタルシフトを取り入れることにより、企業価値の向上に繋げることが出来ます。AIやVRなどの最新技術が導入されて現在の暮らしはすごく便利になり、暮らしが豊かになりました。そんなデジタル技術をビジネスで活用すれば、新たなビジネスモデルやビジネスチャンスを掴み取ることに繋がります。

 

今や消費者が求めているサービスが多様化してきているので、それとIT技術を結合させることにより、新たな価値を見出せる傾向にあります。

デメリット

デジタルシフトを導入するための担当の人材がいないと、デジタルシフトの導入が難しくなります。まだアナログ体質な企業もあるので、デジタル担当の人材がいないとデジタルシフトの導入は簡単ではありません。

 

尚且つ、日本ではデジタル担当の人材が不足しているため、そういったサポートを受けるのにもかなりの時価を要するかもしれません。

デジタルシフトを活用するポイントは?

デジタルシフトのメリットとデメリットが分かりました。これからデジタルシフトを活用するために重要なポイントを3つ紹介していきたいと思います。

To-Be発想

『To-Be発想』とは目標を明確にし、その目標に対してどう取り組んでいくのかを考える発想のことです。今までは『目の前の課題を解決するにはどうするのか』という発想の企業がほとんどでしたが、デジタルシフトでは『理想に対してどうするのか』という発想が重要になります。

何をデジタルシフトするのか

マーケティングや企業の経営に対して、何をどこまでデジタル化するのかを考えるのかが重要になります。デジタル化して効率化を測れる場合もありますし、逆にデジタル化することにより効率が悪くなってしまう可能性もあります。

とにかく何度も改善する

デジタルシフトを導入してすべてが終わるわけではありません。デジタルシフトが成功する場合もあれば、失敗する場合もありますので、『どうして上手くいったのか』『なぜ失敗したのか』を考えながら取り組む必要があります。

デジタルシフトによる企業戦略の影響とは?

今では顧客のニーズが常に変動して、価値観も複雑化してきているのが事実です。企業戦略するうえでは、市場をもっと細かく設定してマーケティングをする必要があります。そもそもこのマーケティング方法が従来のマーケティング方法とは異なると言えるでしょう。

 

そういった面でデジタルシフトは企業戦略に影響を及ぼしています。

まとめ

今回は、ビジネス面で注目されているデジタルシフトについて取り上げていきました。今やデジタルシフトは必須とも言えるので、まだアナログなやり方を続けている企業はマーケティングで対応していくのが難しくなってくるかもしれません。この記事でデジタルシフトを少しでも検討して頂ければと思います。

 

ハドラー