スケジュール管理やメモ帳としても便利なアプリとは?ぜひ使ってみたいおすすめ5選

#業務効率化アプリ

ハドラー

スマホが広く普及した近年では、さまざまなアプリが提供されています。スケジュール管理やメモ帳アプリなどもその一つで、AndroidやiPhoneに標準搭載されているものなどもあります。今回は、既に使っている人はもちろん、これから使ってみたいと考えている人にむけたスケジュール管理やメモ帳アプリとして使える、便利でおすすめのアプリをまとめてみました。

 

【こちらの記事もオススメ】

個人でも活用したいタスク管理ツール5選

どっち?手帳とツールで比較するタスク管理

タスク管理が苦手な人の特徴と解決方法を紹介

 

スケジュール管理アプリとメモ帳アプリ

スケジュール管理アプリは、その名の通り、予定やタスクを書き込んでスケジュールを冠してくれるためのものです。ただし、多くのアプリでは、スケジュール管理としてもメモ帳としても活用できるものが多く、「スケジュール管理アプリを活用しつつ、搭載されているメモ機能を利用」していることや、「メモ帳アプリでスケジュールを管理している」という人も多いようです。

スケジュール管理アプリとメモ帳アプリでできること

スケジュール管理アプリとメモ帳アプリには、共通する機能がたくさんあります。ここでは、それぞれがもつ、「予定を書く」、「メモを取る」以外にも使える主な機能を見てみることにしましょう。

チェックリスト

提供されているスケジュール管理アプリとメモ帳アプリの多くには、チェックリスト機能が搭載されています。買い物に行く際のリスト作成や旅行や出張時の持ち物リストの作成などに最適で、予定やメモ書き以外では最も使用頻度の高い機能であると言えるでしょう。タスク管理としても使えるので、ビジネスシーンでは特に活用できる機能の一つです。

カレンダー

予定を立てるスケジュール管理アプリでは、欠かせないカレンダー。多くのメモ帳アプリにも搭載されている場合が多く、カレンダー内に予定を直接書き込むことができるものもあります。

ウィジェット

書き込んだ予定やメモ書きをそのまま付箋のようにホーム画面に貼り付けて、アプリを起動することなく確認することができるものも多くあります。移動が多い人や忙しい毎日を送る人には特におすすめです。

写真・イラストの貼り付け

スケジュール管理アプリとメモ帳アプリには、写真やイラストを直接貼り付けて管理できるものも多くあります。撮影した写真や写真ツールにある画像やスクショを貼り付けて活用することができます。

データの共有

スケジュール管理アプリとメモ帳アプリの中には、スケジュールやメモ書きをデバイス間で共有したり、複数のチームや家族間で共有したりすることができるものもあります。複数人数で利用することを目的とした場合におすすめです。

おすすめアプリ5選

ここでは、ぜひ使ってみたいスケジュール管理アプリとメモ帳アプリについて見てみることにしましょう。

1.Yahooカレンダーアプリ

Yahooが提供しているEver Noteです。Yahooアカウントがあれば、AndroidやiPhone、Windows、MacなどOSやデバイスを問わず、誰でも利用することができます。Yahooが運営するコンテンツと連携しているので、毎日の占いやスポーツイベントなどを通知させることもできます。

 

予定が変わっても、カレンダー内の予定をスライドさせるだけで変更ができるので、いちいち入力し直す必要はありません。実際の手帳のように着せ替え機能を利用して自分の好みに合わせたテーマを設定することもできます。

2.Ever Note

Ever Noteは、主にメモを作成するためのアプリとして有名です。ただし、単純なメモ書きだけでなく、画像や動画を貼り付けたり、Googleと同期させてドキュメントを保存したりすることも可能です。また、outlookなどの予定表アプリやカレンダーアプリと連携させることでスケジュール管理をすることも可能。アラームをつけてリマインダー機能を活用することもできます。

 

基本的には無料で利用することができますが、同期台数を増やしたいときや、アップロードのデータ容量を増やしたいときなどには月額600円のベーシックプラン、法人として利用するなら月額1,100円のビジネスプランがおすすめです。

3.ジョルテ

ジョルテは、実際のシステム手帳のような使い勝手を追求したスマホアプリです。カレンダーとシステム手帳の両方を持ち合わせており、スケジュール管理アプリとメモ帳アプリとして有名なアプリです。27か国後の言語に対応しており、世界中にユーザーがいます。ダウンロード数は、世界で3,200万DLにも登り、人気の高さが伺えます。

 

日々の予定を入れたり、To Doリストを作成したり、イベントカレンダーやチェックリストなどの多機能さも魅力の一つとなっています。ジョルテは、デフォルトで利用しているカレンダーとも連携してくれるので、ジョルテに入力した予定は自動的にカレンダーアプリにも反映されるようになっています。

4.Googleカレンダー

Googleカレンダーは、Googleが提供しているアプリです。Googleが持つコンテンツと連携して利用することができるので、Gmailから予定を立てたり、カレンダーを表示させたり、ビデオ会議を開いたりすることもできます。予定を書き込むのはもちろん、To Doリストの作成・管理をすることも可能です。

 

インターネット環境とGoogleアカウントがあれば、AndroidやiPhone、Windows、MacなどOSやデバイスを問わず、誰でも利用することができます。

5.TimeTree

TimeTreeは、複数人数でカレンダーを共有し、それぞれの予定を書き込んだり、確認したりすることができるアプリです。家族間やサークル仲間、ビジネス上でのプロジェクトチームや同じ部署内でなどを効率的に共有することができます。誰かが予定を書き込むと自動でメンバーに通知されるので、いちいち連絡を取る必要もありません。チャット機能を利用して集合時間や持ち物などの確認をリアルタイムで行うこともできます。

 

用途別に複数のカレンダーを作成して管理することもできるので、同時に別々のメンバーとの情報共有を管理することができます。

まとめ

スケジュール管理アプリとメモ帳アプリには、たくさんの共通点があり、それぞれの境界線はあまり明確でないことがわかりました。それぞれの特徴を生かしつつ、連携することで両方の機能を活用することができるアプリもあります。是非この機会にいろいろなスケジュール管理アプリとメモ帳アプリを試してみて、本当に自分に合った使いやすいアプリを見つけてみてはいかがでしょう。

ハドラー