ToDoアプリとは?覚えておきたい基本操作と3つのメリット

#ToDo

ハドラー

日常生活から仕事のことまで、日々の生活で「忘れたくない作業」「やらなきゃいけない作業」を管理するときには、ToDoアプリが役に立ちます。この記事では、ToDoアプリの概要から基本操作、アプリを使用することによってのメリットを解説していきますので、今後の参考にしてみてください。

 

【こちらの記事もオススメ】

Windowsで便利なToDoアプリ「Microsoft ToDo」覚えておきたい特徴と基本操作

Macで便利なToDoアプリ!覚えておきたい特徴と基本操作

iPhoneで便利なToDoアプリ!覚えておきたい特徴と基本操作

 

ToDoについて

ToDoアプリは、各アプリによって機能や特徴が異なります。まずは「ToDo」とは何かを、改めて詳しく見ていきましょう。

ToDoとは

「ToDo」とは、「するべきこと」「しなければいけないこと」を意味します。仕事のタスクや、日常での買い物リストなど、「明確な期限があるわけではないが、だいたいこの日時までに終わらせる必要がある」ということです。

タスクとの違い

「ToDo」と「タスク」はよく似ています。「タスク」は、仕事などビジネスでの「やるべき仕事」「やるべき作業」を表します。どちらもよく似た意味を持っていますが、大きな違いは「期限」です。ToDoは明確な期限がないですが、タスクは明確な期限があるということになります。

 

具体的な例を挙げると、会議で使用する資料作成は「タスク」、交通費などの申請は「ToDo」と言えるでしょう。

ToDoリストとは

「ToDoリスト」という言葉を耳にしたことがあると思いますが、こちらは簡単に言うと「やることリスト」です。ToDoリストを作り、整理することで、やらなければいけないことを忘れずに、管理・実行に移せますので、効率的に作業を進めることが可能となります。

ToDoアプリを利用するメリット

ToDoアプリを利用することで、「やり忘れがなくなる」ということがメリットですが、ここからは、実際にToDoアプリを利用した際、他にどんなメリットがあるのかを紹介していきます。

優先順位を付けることができる

自身のToDoを整理しリスト化することにより、他のToDoと見比べることができます。そのため、「AよりもBを優先しよう」と、ToDoの優先順位が明確になります。

作業の見積もりを立てられる

作成したToDoリストを見てみると、やらなければならないことが、どのくらいあるのかが明確になります。そこから自身のスケジュールに当てはめていくことができるので、来週やる予定だった作業を前倒しにしようなどといった判断材料にもなり、効率的に作業を進めることが可能です。

頭の中を整理できる

やらなければいけないことを可視化せずに、頭で考えていると、何か忘れているような気がしたり、時間や作業に追われている感覚になってしまったりします。しかし、ToDoを実践することによって、やらなければいけないことを可視化でき、頭の中をスッキリ、クリアにすることができます。

 

このように、ToDoをリスト化することで様々なメリットが生まれます。自身のToDoリストを作成して、時間を有効活用していきましょう。

おすすめToDoアプリの基本操作

ここからは、おすすめのToDoアプリの紹介をしていきます。自分に合ったToDoアプリを見つけるために、参考にしてみてください。

Microsoft To-Do

Microsoft To-Doは、Microsoftが公式アプリで、全て無料で利用でき、シンプルで使いやすいといった特徴があります。また、Microsoftのアカウントがあれば情報が同期されるので、どの端末からでもログインして使用することが可能となり、とても便利です。

 

「今日の予定」が一覧で表示されるので分かりやすいですし、リマインダー機能が搭載されているので、ToDoの見逃しや忘れ防止に繋がります。

Google Keep

Google Keepは、Googleが提供している無料のサービスで、メモ機能や手書き機能、写真機能など幅広い機能性を持ったツールです。それ以外にもリマインダー機能やアーカイブ機能を持っており、共有機能も付いているのでプロジェクトなどで使用する際にも重宝されています。

Googleが提供しているため、普段からGoogleスプレッドシートやGoogleドキュメントなどを利用している方は、Googleドライブにそのままメモとして保存できるため、普段の利用しているツールと同様に便利に使えるでしょう。

Todoist

Todoistは、ToDoの詳細設定が可能となっています。優先順位の変更、サブタスクの設定、日時指定ができるので、リストを詳細に管理したい方にとてもおすすめです。プライベートでもビジネスでも使用も可能となっていて、タスクを一括で管理することができます。

 

タスクの一時保存に「インボックス」、目的別のタスク登録に「プロジェクト」と分けることができるので、プライベートと仕事用で振り分けると使いやすいでしょう。

Do!

Do!は、シンプルで見た目もかわいく、色分けできるラベルが使用できるタスク管理ツールです。期限付きのタスクを設定できたり、繰り返しのタスクを設定できるので、仕事でも日々の生活でも役立つツールの一つとなっています。一般的なビジネス利用のタスク管理ツールよりも見た目gあかわいく使いやすいツールです。

まとめ

ここまで、ToDoアプリについてご紹介させていただきました。やらなければいけないことに追われていたり、頭の中で整理するのがなかなか難しいと感じてしまったりする方は多いと思います。そのような方はぜひこの記事を参考にして、ToDoアプリを利用してみてください。

ハドラー