会議を綺麗に録音する方法。ICレコーダーの位置も重要

#会議の効率化議事録

ハドラー

議事録作成するにあたり、会議内容を録音しておくとより正確な記事録作成ができます。しかし録音した音声が聞き取りづらかったりして、議事録が上手く作成できなかった経験はないでしょうか?

 

今回は議事録をクリアな音で録音するための方法をご紹介します。雑音やノイズがひどくて何を言っているか分からない…、なんてことがないように、ここで綺麗な録音方法を知っておきましょう。

 

こちらの記事もオススメ

会議録とは?目的と書く上でのポイント

「レジュメ」とは?アジェンダとの違い、会議における意味について

無料Web会議システム 選び方のポイントとおすすめ6選

 

ICレコーダーを使った場合

本体に搭載されたフラッシュメモリなどの ICに音声を録音するのがICレコーダーです。おそらく、議事録の録音で最も使用されている機器でしょう。では、ここで問題。「口の字型」に並べたテーブルにて、10人以上で会議を行う場合はどこに ICレコーダーを配置するのが最適でしょうか?

 

答えは「口の字型に並べたテーブルの角、もしくは短い辺の中心」です。一般的な ICレコーダーはステレオ録音(録音するためのチャネルが2つ以上ある)ができ、マイクを2つ以上搭載しています。ただし、どこからでも音を正確に拾えるわけではなく、やはりマイクがついている部分から音を拾いやすくなっています。

 

なので、口の字型に並べたテーブルの中央に ICレコーダーを置くと、必ず誰かの声が聞き取りづらくなってしまいます。 ICレコーダーを角や短い辺に置き、さらにマイク付属部分にできるだけ発言者を集めるのが綺麗に録音する方法になります。

 

もう1つ、綺麗に録音するポイントが「ICレコーダーの下にキャリングケースを置く」ことです。硬い材質のテーブルの上に直接置いてしまうと、テーブルの振動によって余計なノイズが入りやすくなり、録音した音声が聞き取りづらくなります。キャリングケースなど柔らかい材質のものなら何でも代用でき、ハンカチでも構いません。必ず何かしらの物を置いて、ICレコーダーが直接テーブルに触れないようにします。

 

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

議事録を綺麗に録音する方法

議事録をマイクで録音

それでは、一般的な録音方法について触れていきます。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

マイクを使用してクリアな音声を録音する

ICレコーダーなどを使って会議内容を録音する場合、内蔵されたマイクを使うのが一般的です。しかし内蔵マイクはあくまで付属品なので、それだけではクリアな音は拾えません。そこで、別途マイクを用意してICレコーダーなどに接続してみましょう。内蔵マイクとは段違いに品質が高いので、そのクリアさに驚くでしょう。多くのICレコーダーにはマイク接続用の端子が用意されているので、マイクが高品質ならそれだけで綺麗に録音できます。

綺麗に録音できるか事前にチェックする

会議内容を綺麗に録音するには事前準備が大切です。ICレコーダーにマイクを接続したら、実際に音が拾えているかをチェックしましょう。さらに、各座席に座って実際に声を出してみて、どこの席でどれくらいの音を拾えるのかを検証しましょう。それによってICレコーダーの置く場所を変え、最適な位置を探します。

高品質な ICレコーダーを選ぶ

議事録用のICレコーダーを選ぶ際は、品質を重視してください。ICレコーダーは機能も価格も多種多様であり、2,000~3,000円で購入できるICレコーダーも少なくありません。一定の品質はあるものの、やはり大手メーカーが製造する高品質商品に比べると録音の質はかなり低下します。会議内容の録音は、発言者各人の音声がクリアに聞き取れて初めて意味があります。そのため、多少値段が張っても最初から高品質なICレコーダーを選ぶことをお勧めします。

パソコンの周辺には置かない

会議中にパソコンを使用する人も多いため、ICレコーダーをその真横に置きがちです。パソコンは内部温度が高まるとファンが起動し、その音によって会議内容を上手く録音できない可能性があります。また、ポケットの中などにICレコーダーを入れておくのは断固として避けるべきです。

会議中の発言にも意識を向ける

会議のでの発言

議事録は後々になって会議内容を確認したり、発言の証拠として機能します。そのため、クリアな音声として残っていなければ意味がありません。綺麗に録音するためICレコーダーに色々と拘っても、発言者の話し方がそもそも聞き取りづらければ、綺麗な録音は不可能です。

 

声の大きさ・トーン、話すスピードなどを意識してもらう、丁寧にハキハキと他者と被らないように話してもらう等、予めルールを作っておくと良いでしょう。

 

いかがでしょうか?議事録を綺麗に録音するのも、なかなか簡単ではありません。しかし今回ご紹介したポイントを押さえれば、確実にクリアな音で会議内容を録音できます。それでこそ議事録作成が捗り、後々の発言証拠として機能するでしょう。ICレコーダーやマイクにこだわったり、事前準備を徹底したりして、ぜひ議事録の綺麗な録音を目指してみてください。

ハドラー