「レジュメ」とは?アジェンダとの違い、会議における意味について

#会議の効率化

ハドラー

会議でよく耳にする「レジュメ」と「アジェンダ」。なんとなく聞いてはいるけれど、この2つの明確な違いについて知っているという人もいるのではないでしょうか。知っているつもりでも実は知らない。でも今さら聞けない…。という人のために、今回は、「レジュメ」と「アジェンダ」の違いと、会議における意味についての詳細をまとめました。

「レジュメ」という言葉の意味

レジュメは「resume」で、「要約」や「履歴書」などのことを意味する英語です。要約とは、「文章の要点を簡潔にとりまとめたもののこと」をいい、記載方法は、目次のようなイメージになります。

 

レジュメという言葉はアメリカでも使用されており、「履歴書」や「職務経歴書」などのことを指しています。最近では、外資系企業の影響から国内でも履歴書のことをレジュメという人も多いようです。

「レジュメ」「アジェンダ」「議題」それぞれの意味

レジュメやアジェンダ、そして議題なども会議ではよく耳にする言葉です。似たような意味に捉えている人もいるかもしれませんが、それはまちがいです。一つ一つの用語の意味やそれぞれの使い方などには明確な違いがあることをここできちんと理解しておきましょう。

レジュメ

レジュメが「要約」という意味を持つ言葉であることはわかりました。一般的に、レジュメは、講演会やセミナーなどで、一方的に視聴する側に配布されるものです。会議で使用する場合のレジュメは、会議内容を簡潔に取りまとめ、それを記載して印刷したものなどを指しています。

 

本来なら、取りまとめること=要約であり、要約=レジュメということになりますが、会議の場では、要約したものまとめてプリントアウトしたものをレジュメと呼んでいます。

アジェンダ

アジェンダを直訳すると「予定表」という意味になります。いわゆる「行動計画」や「スケジュール表」を意味する用語で、会議場でよく利用される言葉です。アジェンダには、会議の日時や会議の目的や内容、流れが記載されており、参加者は、事前に配布されたアジェンダをみて会議全体を把握し、意思統一することができます。

 

つまり、アジェンダは、会議をスムーズに進めるためのツールとして活用されるというものです。

議題

議題も会議ではよく聞くことがある言葉でアジェンダと混同されることが多いようです。議題は、会議での題目としてたてられるものです。アジェンダが計画表や会議内容を記載しているものなのに対し、議題は会議で討論されるべき課題、その題目のことを意味しています。

 

さらに議題とよく似た言葉で「議案」があります。議案は、討論ではなく、決定するための提案事項のことです。間違えて使ってしまわないように注意しましょう。

よく似た言葉「サマリー」と「レジュメ」の違い

レジュメとよく似た意味を持つ言葉に「サマリー」があります。レジュメは、論文やセミナー、会議内容を要約してまとめたもののことを言います。一方、サマリーは論文やセミナー、会議内容の要約そのもののことを指しています。

 

つまり、サマリーは要約そのもののことを言い、サマリーをまとめたものがレジュメであり、レジュメは複数のサマリーで構成されているということになります。

目的別「レジュメ」の使い方

レジュメは、会議の場だけで活用されているものではありません。レジュメの作成方法は、基本的にどれも同じですが、見る人にとってわかりやすい、伝わりやすいものを意識して作るようにしましょう。

 

ここでは、色々なシーンで活躍する目的別レジュメの使い方について確認してみましょう。

転職・就職におけるレジュメ

転職・就職におけるレジュメでは、求人内容をよく理解した上で、募集要項に対して自分がどんな経験を積んできたかをできるだけ詳しく記載しなければなりません。これらはいわば、履歴書、職務経歴書と呼ばれるもので、内容はもちろん、誤字脱字のないよう丁寧にすべてを適切に記載する必要があります。

 

履歴書には、学歴や趣味・特技、自己PRなどを具体的かつ簡潔に書きます。職務経歴書は、中途採用での募集に必要な書類で、これまで働いた会社についての情報を詳しくわかりやすく書き上げることが大切です。

大学や研究分野におけるレジュメ

大学や研究分野におけるレジュメでは、学生に対しての講義やセミナー、ゼミなどで使用するレジュメが必須です。また、教授同士での会議や打ち合わせ、ミーティングなどでも利用されることもあります。

 

さらに、研究内容についての論文などでもレジュメが必要になります。この場合のレジュメは、視聴してもらう人たちへ向けた報告資料という要素が強くなります。

会議・プレゼンなどビジネスの場におけるレジュメ

会議やプレゼンなど、ビジネスの場におけるレジュメは、社内会議やプロジェクトミーティング、社内外でのプレゼンなど、あらゆるシーンで活用されることになります。わかりやすく的確なポイントを抑えたレジュメ作成を意識しましょう。

レジュメの書き方とポイント

色々なシーンで使われているレジュメですが、実際にレジュメを作成するとなるとどこから作成すればよいのか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。ここでは、レジュメの書き方とポイントについてしっかり確認しておきましょう。

ビジネスシーンにおけるレジュメの書き方

レジュメにかかわらず、多くの文章において大切なポイントは、はじめに「結論」を書くことです。タイトルとして使用するのも良いでしょう。レジュメはわかりやすいことが大切なので、まず結論を書くことで「何が言いたいのか」を的確に伝えることができます。

 

次にその結論についての根拠を論理的に書いていきましょう。できるだけわかりやすく書くことを意識し、できるだけ専門用語は使わないようにすることも大切です。

 

また、レジュメに記載する内容は、引用や参照したものは避け、ネット上の盗用などは絶対にやめましょう。レジュメには、正確な情報だけを記載し又聞きした情報は記載しないようにしましょう。

まとめ

会議におけるレジュメとアジェンダ、議題やサマリーなどの違いについてご紹介してきました。シーン別に使われているレジュメや、レジュメの書き方のポイントなどを抑えておけば、今後の会議資料の作成時に役立てることができそうです。

 

ハドラー