自宅の作業環境をより快適に!在宅勤務に必要なもの

#働き方#在宅勤務

ハドラー

政府による働き方改革が推し進められる昨今、突然在宅勤務が開始することになった!と慌てる方は決して少なくないでしょう。そういった方々のためにも、今回の記事ではより快適に作業に臨める環境を作るためにも「在宅勤務に必要なもの」を紹介していきます。

在宅勤務とは

そもそも、在宅勤務とは一体どういった就業形態を指すのでしょうか。新聞やニュースでよく聞く「在宅勤務」という言葉は、読んで字の如く「自宅で就業する事」を指します。

 

普段自分が過ごす自宅がそのまま作業スペースとなるため、通勤時間そのものが無くなる形になります。また、新型コロナウイルス感染対策としてはオフィス勤務に比べ密集を避けた場所で勤務する事ができるようになります。

テレワークと在宅勤務の違い

よく混同される言葉として「テレワーク」が挙げられますが「在宅勤務」とはどういった違いがあるのでしょうか。テレワークとは場所や時間に捉われない働き方全体を指しています。そのため、在宅勤務はテレワークの一種として考える事ができます。

 

他のテレワークの手段としては、サテライトオフィス勤務、レンタルオフィス利用による勤務、モバイルワークなどがその例として挙げられます。

在宅勤務において絶対に必要なもの

では、早速在宅勤務に必要なものについてご紹介していきましょう。まずは絶対に必要となるものについて説明します。

インターネット環境

在宅勤務には、インターネット環境が必要不可欠です。

  • メール
  • web会議
  • 資料や制作物の共有

など、オフィスから離れた場所で仕事を進めていく上でこういったもののやり取りは欠かせません。インターネット環境下でないとこうしたやり取りやコミュニケーションは行えませんので、必ずインターネット環境を整備する必要があります。

ITツール

顔を合わせてコミュニケーションが図れない在宅勤務環境下では、以下のようなITツールが必要になります。

 

  • web会議ツール
  • ビジネスチャットツール
  • クラウドストレージ
  • タスク管理ツール

 

目的に合わせてツールを使い分ける事で、オフィス勤務時には気づけなかった作業効率の改善方法を見出すことも可能かもしれません。

PC(デスクトップ・ノート)

オフィス勤務時にはスマートフォンのみで事足りていた人も、在宅勤務時には必ずPCが必要になるはずです。オフィスにデスクトップPCがある場合は、省スペースで持ち運びも容易なノートPCを用意する形が望ましいでしょう。

デバイス類各種(スマホ・タブレット)

スマートフォンやタブレット端末も必要になってくるでしょう。社内外の人と通話や即時のやり取りを行う場合は、PCよりもこうした端末の方がよりスピーディに業務をこなす事が可能な場合もあります。

あると在宅勤務がより快適になるもの【デスク周り編】

必要不可欠なものを全て確認し終えたら、次に整えるべきは「デスク周り」です。在宅勤務時は、およそ8時間ひたすら座りっぱなしでPC作業を行うことになります。

 

普段自宅で使っているテーブルや椅子などで行うことも勿論可能ですが、長時間の作業かつ在宅勤務が長期間に渡るケースを考えた場合、それがいずれ体の不調や集中力の低下を招いてしまうことも大いに考えられます。そうしたリスクを防ぐためにも、事前にデスク環境を整えておきましょう。

昇降式デスク

一般的に、ほとんどのデスクはおよそ高さ70cmで設計されています。この高さは1971年に制定された「JIS規格」が定めた「平均的な男性の身長」に合う高さと言われています。現代人にその高さがフィットするかと言えば、決して適しているとは言えないのが現状です。

 

自分の体格に合わないデスクで作業し続けていると、肩や腰に大きな負担が掛かってしまいますが、それを防ぐ事が可能なのがこの「昇降式デスク」となります。自分の身長に合った使いやすい高さに微調整可能なので、とてもおすすめです。

サイドテーブル

自宅はどうしてもスペースが限られてしまうので、デスクも狭いものしか置けない…。こういった方々におすすめなのがこの「サイドテーブル」です。

 

スマートフォンや資料、ちょっとした飲み物など手の届く範囲に置きたいものはサイドテーブルに置くことで、デスク上の限られたスペースを有効活用できます。

高機能チェア

自宅で長時間のPC作業に臨む場合は、高機能チェアを用意するのがおすすめです。長時間の作業に耐えうる、理想的な姿勢をキープ可能な設計になっているため体への負担を最小限に抑える事ができます。高機能チェアを選ぶ際には、自分の体格やデスクの高さに合ったものを選ぶことが大切です。

あると在宅勤務がより快適になるもの【パソコン周り編】

デスク周りを整えたら、次はパソコン周りの環境も整えることでより一層作業効率をアップさせる事ができます。それでは以下にて早速紹介していきます。

モニターアーム

長時間パソコン作業を行なっていると、ついつい猫背になってしまう事がよくありませんか?この原因はディスプレイを置く位置が原因とされています。ディスプレイは背筋を伸ばして座った際におよそ5度から10度下げたところに画面の中心が来る位置が理想とされています。

 

デスクにディスプレイを直置きした場合、画面は低すぎてしまう事がほとんどです。モニターアームを使用して、最適な高さにする事で作業する際の肩や腰への負担を軽減できます。

デュアルディスプレイ

デュアルモニター(二画面)を用意する事で、在宅勤務時の作業効率をより向上させる事ができます。例えば、一つの画面でweb会議を行う傍ら、もう一つの画面では資料作成を進める事ができます。

 

設置が難しそうに思われるデュアルディスプレイですが、シンプルにそれぞれのディスプレイを映像端子で繋ぐだけなので、設置も簡単です。

Webカメラ

カメラが予め搭載されていないデスクトップPCを使う場合には、Webカメラを用意する必要があります。モニターに引っ掛けるようにして取り付けるものであれば、場所も取りません。

 

Web会議終了後には、カメラ本体の電源を切る事をくれぐれも忘れないようにしましょう。

まとめ

これまでご紹介してきたものを揃え環境を整える事で、普段と違った場所で仕事を行う際の精神的・肉体的負担を大きく減らし、同時に作業効率を上げることにも繋がります。

 

是非、今回紹介した在宅勤務に必要なものを取り入れて更なる作業効率アップに繋げてみてくださいね。

ハドラー