在宅勤務・テレワークでも残業代は発生する?当てはまるケースと確認すべきポイント

#働き方テレワーク在宅勤務

ハドラー

在宅勤務が多くなり、会社に行かない生活が続いている方も少なくないでしょう。これまで在宅勤務になるなんて思ってもみなかったという方は、一気に生活が変わり戸惑っているところもあるでしょう。そんな中、会社で残業を命ぜられたとき、残業代はどうなるのか、疑問に思ったことはないですか?ここでは、在宅勤務時の残業代についてご紹介していきます。

在宅勤務・テレワークでも残業代は支払われる?

在宅勤務やテレワーク時には、残業代は支払われるものなのでしょうか、確認していきましょう。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

在宅勤務でも労働基準法が適用される

結論から言うと、在宅勤務であれ、テレワークであれ、労働基準法が適用されます。つまり、在宅勤務でも残業代は支払われます。労働基準法における原則的な労働時間の枠組みとしては、1週間40時間かつ1日8時間を超えて労働させてはならないというものになっております。

 

弾力的な労働時間の枠組みとしては、1か月単位の変形労働時間制や、1年単位の変形労働時間制、フレックスタイム制などがあり、交代勤務やシフト表を組んで人員配置をする場合や、始業時間や就業時間を自由に決められる制度があります。

 

これらの労働時間の考え方は、在宅勤務でも適用されるというのが原則です。

会社から指示のない深夜労働に注意

労働時間が決まっており、それ以上勤務した場合には残業手当が出るのはもちろんのことです。それは在宅勤務でもテレワークでも変わりませんが、例えば、会社側から支持の無い残業をした場合には、残業と認められないケースもあるため、残業する場合や、深夜労働をする場合には、事前に申請・許可を取っておくことがおすすめです。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

在宅勤務・テレワークで残業代を請求できるケースとは

在宅勤務やテレワークにおいて、残業代が認められ、請求できるケースにはどのようなものがあるのか、見ていきましょう。

「みなし労働制」が採り入れられている場合

みなし労働制を採り入れている企業でも、残業代は請求できます。みなし労働制は残業代が含まれている勤務体系と考えられていますが、労働基準法は適用されるため、1日8時間以上を超える勤務の場合には、残業代の支払いを認められるのが原則です。

「フレックスタイム制」を採用している場合

フレックスタイム制を採り入れている会社であっても、テレワークで残業をした場合には、残業代の請求は可能です。出退勤の裁量が任されているため、残業代は出ないと考えられている方も多いようですが、所定労働時間を超える場合には残業代の請求ができ、これはテレワークでも同様です。

「裁量労働制」が採用されている場合

裁量労働制とは、みなし労働時間制の一つのことで、労働時間が働く人の裁量に任せられているというものです。ただし、この裁量労働制では、基本的には少ない時間でも多い時間でも契約の時間数分の支払いが行わるため、残業という概念がありません。そのため、残業代の支払いは原則ありませんが、休日手当などは発生します。

在宅勤務・テレワーク勤務で残業代が支払われていない場合

残業をしていても、テレワーク勤務で残業代が支払われていないケースでは、どのように対処をしたら良いのでしょうか。それは、まずは残業代請求に有効な証拠を集めること、実際の業務をしている根拠・証拠を残しておくことが大切です。

 

また、残業代の計算をしっかり行い、会社に残業代の支払いを求めることで、残業代が支払われるケースがあるため、まずは証拠を集め、計算をしてみると良いでしょう。計算して残業代がいくらになるのかを把握し、会社に掛け合ってみるのも一つの方法です。

残業禁止!という場合でも請求はできる?

結論から申し上げると、残業を禁止している企業でも、残業をした場合には残業分の給与の支払いは請求できます。ただし、報告もせず勝手に残業をしていたり、残業していることを認められていないにも関わらず勝手に残業をしていたりする場合には、適用されないケースもあります。

 

ただし、黙示の残業命令があるというケースや、残業の禁止や許可制について認知されてない、徹底されてないと認められるような場合には、事前の承認が撮れていない場合でも残業代が支払われるケースもあります。

 

まずは、テレワークをしていたとしても、残業の必要性を感じた場合には、その時点で上長に確認を取り、残業をしても良いという承認を得ておくことが重要であり、余計なトラブルとならないようにすると良いでしょう。。

まとめ

ここまで、テレワークや在宅勤務における残業代についてご紹介してきましたが、テレワークや在宅勤務でも残業代は発生します。労働基準法がある限り、残業代という概念はテレワークでも同じですが、裁量労働制などを取り入れている場合には発生しないケースもあります。

 

テレワークや在宅勤務で残業をしているのに残業代が出ていないのであれば、違法の可能性もありますので、なぜ残業代が出ないのか、会社に確認してみると良いでしょう。

ハドラー