テレワークによって変化するオフィスのあり方とは?オフィス以外の働く場所やそのメリット

#働き方テレワーク

ハドラー

新たな働き方のスタイルとして急速に広まりを見せているテレワークですが、テレワークの普及によって今まさにオフィスに対する考え方や今後のオフィスのあり方についてビジネスパーソンの間では変化が生まれているようです。

 

今回の記事では、テレワークの導入が進んだ事で見つめ直されているオフィスのあり方や、新たな選択肢として生まれたオフィス以外の働く場所やそのメリットについて紹介していきます。

 

こちらの記事もオススメ

在宅勤務・テレワークを実施している企業が感じる課題とは?在宅勤務継続3つの企業も紹介

在宅勤務・テレワークを導入!就業規則の変更は必要?定めるべき項目と注意点

全国のテレワークプランがある高級ホテルを紹介します!

 

テレワーク普及によって変わり始めたオフィスのあり方

従来のビジネスシーンにおいてオフィスとは、企業と雇用されている社員が仕事を行う上で当たり前に必要不可欠な空間とされていました。ですが、前述したようにテレワークが新たな働き方として浸透が進んでいる影響により、その「当たり前」とされていたオフィスのあり方に少しずつ変化がもたらされているようです。

 

テレワークの導入によってオフィスではない全く別の場所から仕事を進める事が叶うようになった事が影響し、企業・従業員どちらにも働く場所の選択肢がさらに増えたのです。では、テレワークに適しているオフィス以外の働く場所には具体的にどういったものがあるのでしょうか?いくつかの例を挙げて説明していきます。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

テレワークに適したオフィス以外の場所

テレワーク可能な場所の例として、以下のような場所が考えられます。

  • 自宅
  • サテライトオフィス
  • シェアオフィス

それぞれ以下に詳しく紹介しましょう。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

自宅

テレワークの種類の一つとして「在宅勤務」という選択肢がありますが、まさにこの言葉の通り自宅を勤務場所で選ぶ方法があります。自宅にいながらそのまま終業可能ですので、育児や介護といった家庭の事情を抱える人も勤務ができ雇用機会増加や雇用する人材の幅が広がります。

サテライトオフィス

本社オフィスや事業所といった企業の拠点から離れた場所に設置されるオフィスを指します。従業員の勤務時間を削減しつつ、仕事を進める上で必要な設備などを備えた拠点を設ける事で従業員にとってより就業しやすい環境づくりがされていると言えます。

シェアオフィス

サテライトオフィスとはまた違った種類のオフィスとしては、シェアオフィスという施設があります。シェアオフィスとは複数の第三者とともに特定の個室を持たず、いわゆる自由席のようにオフィス内の好きな場所を探して利用するスペースです。

 

イメージとしては図書館やカフェのような雰囲気のフリースペースで、様々な用途に対応しています。時間単位利用、月額利用など幅広い利用が可能で、特定の部屋を利用するレンタルオフィスなどと比べて」初期費用を比較的安価に抑える事ができます。

オフィス以外の場所で働くメリット

ここまで紹介してきたような「オフィス以外の場所」で働く上でどういったメリットが生まれるのでしょうか?考え得る主なものについてそれぞれ説明します。

オフィスの維持コスト削減

従来通りのオフィスは「すべての従業員が一同に介して特定の場所で働く」事を前提として設けられているため、社員全員分の空間や什器、備品が揃っている事は当然のように行われていました。しかし社員一人分取ってみても、賃料やオフィスに必要なインフラ費用などが日々掛かっていきます。

 

そこでテレワークを導入し本社オフィスに出社する社員数の割合を減らす事でオフィス維持に必要なコストを削減することに繋がります。全体の一部分でも一度コスト見直しに成功することで、今後オフィス維持を長期的行うことを鑑みた際に大幅なコストカットが見込め、利益の最大化に大きく貢献する形となるでしょう。

従業員のワークライフバランス向上

テレワークを導入することでよく挙げられるメリットとして、従業員の「ワークライフバランスの向上」があります。テレワークの実施によりオフィスに出社する必要が無くなりますので、その時間はそのまま余暇時間に繋がります。

 

毎日の通勤に奪われていた時間は、各々家族と過ごす時間や趣味を満喫する時間、将来のキャリアアップのために必要なスキルアップに繋がる学習時間などにあてがう事ができます。

まとめ

この1、2年の間に新型コロナウイルスの全世界的な感染拡大や政府によるテレワーク支援目的の給付金なども後押しとなり、より一層テレワークはさらなる普及が見込まれており今なおその需要や浸透は進んでいるといえます。

 

そして働ける場所はオフィスだけではない、という考え方も合わせて着実に広く世に知られるものとなりました。今回紹介したように、自宅に限らずシェアオフィスやサテライトオフィスなど、多様なスタイルの働く場所が生まれています。今後企業は新たな働き方に合わせて、新たなオフィスの形を柔軟に模索する必要が生まれるでしょう。

 

少し前までは当たり前だったオフィス勤務ですが、企業は長い将来に存続を視野に入れた場合はテレワークを前提として環境の整備や変化が求められています。ぜひ今回の記事を参考に、自社に合った新たなオフィスの形を模索してみてはいかがでしょうか。

ハドラー