【2021年-2022年最新版】サイト内検索ツールのオススメサービスを徹底比較!

#サイト内検索ツール

【2021年-2022年最新版】サイト内検索ツールのオススメサービスを徹底比較!

現在、様々な企業がWebサイトを構築することが多いと思います。ユーザーが気軽に情報を獲得出来るので便利ですが、一部の機能が使いにくかったり、ユーザーが欲しい情報が取得出来なかったりすることがあるかもしれません。

 

そんな時に使うと大変便利なツールが『サイト内検索ツール』です。今回はそのサイト内検索ツールについて紹介して行きたいと思います。

サイト内検索ツールとは?

簡単に説明すると、ユーザーが本当に欲しい情報を取得するための機能です。表記揺れに対応したり、キーワードに関連した内容を表示することが出来るサジェスト機能を備えていたりします。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

サイト内検索ツールを使うメリット

サイト内検索ツールを使うことによって、ユーザーは欲しい情報が検索しやすくなり、サイトを運営する側もサイトを訪れたユーザーのデータを収集出来るようになります。ユーザーと運営双方にメリットがもたらされるのです。

サイト内検索ツールの選び方

サイト内検索ツールには様々な機能がありますが、ポイントは『検索精度の高さ』と言えるでしょう。表記揺れの対応やユーザーが求める情報をどれだけ性格に正確するかは、非常に重要です。

オススメのサイト内検索ツール8選

ここからは、オススメのサイト内検索ツールを8選ご紹介いたします。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

Googleカスタム検索エンジン

https://cse.google.co.jp/cse/all

名前の通りGoogleが提供している無料のサイト内検索ツールです。開設したWebサイトの全体、もしくはWebサイトの一部にGoogleの検索機能を導入することが可能です。

 

無料なのでとても魅力的に感じますが、その代わり検索欄の中にGoogleのロゴが表示され、広告も表示されるようになります。

EC Intelligence

https://www.scinable.com/

こちらはサイト内検索ツールの他にも、マーケティング機能に特化したツールになります。サイト内に設置された検索ツールを利用すると、それを利用したユーザーの『性別』『年代』『注文した商品やサービス』などの項目で、データを取得可能です。

ポップファインド

https://www.bsearchtech.com/products/popfind/

『ポップファウンド』はECサイト向けに特化したサイト内検索ツールです。ジャンルやプロパディ毎に絞り込みが出来る『絞り込み機能』や、パソコンだけではなくスマートフォンの画面にも適応しています。

ポップリンク

https://www.bsearchtech.com/products/poplink/

『ポップリンク』は、ポップファウンドと同じく『ビジネスサーチテクノロジ株式会社』から提供されているサイト内検索ツールです。こちらはポップファウンドと違い、キーワード検索と商品やサービスの詳細なページを瞬時に繋ぎます。

SyncSearch

https://www.syncsearch.jp/

こちらはユーザーにかなり配慮したサイト内検索ツールです。検索するとそのページに遷移する前に、検索したワードにヒットした内容のページが一覧で表示されます。ページのサムネイルや、ヒットしたワードがハイライトとして表示する事も可能です。

MARS FINDER

https://www.marsflag.com/ja/marsfinder/

『MARS FINDER』は日本語以外の言語にも対応しており、様々なデバイスからの検索が可能です。パソコンから利用する場合は、検索した内容を素早く閲覧することが出来る『解る機能』という独自の機能が搭載されています。

probo

https://www.bsearchtech.com/products/probo/

こちらのサイト内検索ツールもビジネスサーチテクノロジ株式会社が提供しているツールです。高速で正確な検索機能を備えている他、ユーザーが検索したワードに関連したオススメのページも表示させることが可能となっています。

sui-sei

https://sui-sei.jp/

『sui-sei』は、上記の画像にも記載されている通り、探しやすさと見つけやすさに特化したサイト内検索ツールです。ただのワード検索だけではなく、カテゴリ別で検索することも可能で、検索結果を新着順や人気順などのソート機能も搭載されています。

i-search

https://scala-com.jp/i-search/

こちらのサイト内検索ツールは、検索したページを画像付きで表示させ、さらにその画像を拡大して表示させることも可能です。さらに、検索順位を最適化することによって、ユーザーが求めているページにスムーズに誘導します。

まとめ

サイト内検索ツールについて紹介して行きましたが、いかがだったでしょうか。こういったツールを使えば、ユーザーが欲しい情報を正確に案内出来るだけではなく、訪れたユーザーのデータなども取得可能なので、利用する価値が十分に高いと思います。

 

この記事を読んで導入を考えるきっかけになって頂ければ幸いです。