いまさら聞けない!プロジェクト管理の方法から活用方法までご紹介

#プロジェクト管理

ハドラー

会社で何かしらの目標を達成するための計画を、大人数で行う事をプロジェクトと言いますが、そのプロジェクトの管理方法は多種多様です。今回この記事では、基本的なプロジェクト管理方法から、その活用方法まで具体的に紹介していきたいと思いますので、ぜひご覧ください。

プロジェクト管理とは?

『プロジェクト管理』についてご存じの方は多いと思います。プロジェクト管理とは、その名の通りプロジェクトを成功させるために、生じる問題や納期を管理することです。『タスク管理』とは違い、大規模で行われるので高度な管理能力が問われます。

 

失敗すると、予算や人員、品質に影響が出てしまうので、プロジェクト管理はすごく重要だと言えるでしょう。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

プロジェクト管理が必要な業種

それでは、どういう職種がプロジェクト管理を必要とするのでしょうか。真っ先に挙げられるのが、IT関係の業種やゲーム関係の業種でしょう。IT業界では大きなシステムやソフトを開発することもあれば、携わる人数も比例して多くなります。

 

ゲーム業界も同様で、何かしらの大きなタイトルやシリーズものを制作する時には大人数が関わり、自然にプロジェクトが発生するので、その管理も必要になるでしょう。

代表的なプロジェクト管理の手法

プロジェクト管理方法にも様々な種類がありますが、ここからは代表的なプロジェクト管理方法を4つに分けて具体的に紹介していきたいと思います。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

ガントチャート

プロジェクト管理方法では一番古い手法となっており、簡単に言うと何かしらの仕事や作業を表にしてまとめて管理する方法です。

 

作業内容やその起源がハッキリと視覚化されているのが特徴となっており、もし日程の変更をしたい場合はすぐに調整出来るようになっているのも特徴です。

WBS

『WBS』とは、プロジェクト内の作業を分解して図に表す管理方法のことを言います。断層で細かい作業を確認出来るようになっているので、全体像が見やすくなるのはもちろんのこと、タスクが漏れる心配が減って作業量の見積もりもしやすくなるのが利点です。

 

ただし、スケジュールが表で見られるものではないので、一目では分かりにくい点もあります。

CCPM

『CCPM』とは、余裕をもってプロジェクトの作業スケジュールを組む手法のことを示します。どんな職種でも仕事や作業をギリギリまでやらずに、期限ギリギリで仕事を終わらせる場合が少なくありません。

 

CCPMではあえて余裕がないスケジュールで作業を組むことによって、急いでプロジェクトを達成させるようにします。

PERT

こちらの手法は、プロジェクトの中の作業や仕事の優先順位を見やすくした図のことです。ちなみに、作業にかかる時間も記載されているので仕事の遅延や先延ばしを防ぐことも出来ます。

プロジェクト管理のガイドライン「PMBOK」は必読

『PMBOK』とは簡単に言うと、プロジェクト管理をするために必要な方法や知識を集約した本になります。4年ごとに改定版を出しており、現在は2017年版が最新となっています。

 

今まではプロジェクト管理は、管理者によってやり方や知識がバラバラでしたが、PMBOKによって一つにまとまった知識や手法が確実な基礎として築かれました。

 

PMBOKを読むのと読まないのでは、プロジェクト管理のやり方は大きく変わるでしょう。

システム開発によるプロジェクト管理方法

一方で、システム開発によるプロジェクト管理方法はどうなっているのでしょうか。通常のプロジェクト管理方法とは少し違うやり方になっているので、2つ紹介していきたいと思います。

ウォーターフォール型

こちらの手法は、システム開発の手順とテストの手順を結ばせた管理方法のことを示します。このやり方だと、予算の確保や作業をする従業員の手配がたやすくなります。しかしその反面、ウォーターフォール型だとシステム開発の後戻りが出来なくなるので、万が一後戻りしてしまうと、予定が簡単に狂ってしまいます。

アジャイル型

こちらの手法は、現在のシステム開発では一番主流なやり方になっています。『アジャイル型』はシステム開発の工程を細分化して、実装とテストを繰り返していく手法です。アジャイル型の場合は、仕様変更があった時や、開発の後戻りが発生した場合でも柔軟に対応可能となっています。

プロジェクト管理で失敗しないためには?

何事にも失敗する要因は様々です。プロジェクト管理を失敗しないためには、適切な作業量を把握して、プロジェクトメンバーとの情報共有や意思疎通を十分に図る必要があります。他にも、スケジュールの確認をこまめにとることも重要です。

まとめ

プロジェクト管理についてまとめていきましたが、いかがだったでしょうか。こうして見ると、プロジェクト管理にも色々なやり方があることが分かります。肝心なのは、各々の手法にあった管理方法で進めることです。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

ハドラー