ビジネスにおけるアウトバウンドとは一体どんな意味? いまさら聞けないアウトバウンドについて詳しく紹介

#営業・顧客管理

ビジネスにおけるアウトバウンドとは一体どんな意味? いまさら聞けないアウトバウンドについて詳しく紹介

会社に勤めていると、『アウトバウンド』や『インバウンド』という言葉を聞いたことがあると思います。ここ最近でよく使われるようになった言葉ですが、聞いたことがあってもその意味自体はよく知らない人が多いのではないでしょうか。

 

今回この記事では、アウトバウンドについての紹介と、そのメリットやデメリットを詳しく紹介していきたいと思います。特に意味をよく知らない方にとってはとても有益になると思いますので、ぜひ最後まで一読ください。

アウトバウンドとは?

それではアウトバウンドとは一体どのような意味があるのでしょうか。元々は『内側から外側へ』『外へ出ていく』という意味を持つ言葉ですが、これが今やコールセンター業界や観光業界、マーケティングにも用いられる言葉です。

 

コールセンターでは『企業から顧客に電話を発信すること』を意味し、観光業界では『海外旅行』のこと、そしてマーケティングでは『企業からの一方的な情報発信』のことを示します。

 

様々な意味を持つアウトバウンドでは、今回はビジネスで使われるアウトバウンドの意味を取り上げていきますので、引き続きご覧ください。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

ビジネスで利用されるアウトバウンドとは?

ビジネスでは、企業からお客様にアプローチする営業方法のことを示します。飛び込みで営業をしたり、電話やメールマガジンで営業をしたりと、数ある営業方法の中でもアウトバウンド営業は営業の基本だと言えるでしょう。

 

消費者の購買意欲をそそるように広告を作ったり、メディアに商品やサービスを紹介したりする方法とは違うので、あまり効率が良いとは言えません。それでも、アウトバウンド営業はとても重要なので、取り入れている企業はたくさんあります。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

アウトバウンドの重要性

アウトバウンドの重要性についてですが、第一に新規顧客を取得するうえではかなり有効な手段だと言えます。広告やメディアを用いたアプローチでも、そのアプローチが届かないお客様は必ず存在するでしょう。

 

そういったお客様に対して直接営業出来るため、アウトバウンド営業は非常に重要です。中には自身の購買意欲に気付いていないお客様もいるので、その営業方法によって購買意欲を引き出せるかもしれません。

アウトバウンドの施策例

上記でもあげましたが、アウトバウンドの代表的な施策は飛び込み営業と言えるでしょう。ターゲットの元に直接赴いて営業する事を示しますが、この施策は昔から行われていた方法です。そして電話での営業も、代表的な施策になります。

 

こちらは飛び込み営業とは違ってより多くのターゲットに営業をすることが可能です。他にもメールマガジンでの営業方法もありますが、こちらはメールの開封率なども調べられるので、より効率的な営業が可能となっております。

アウトバウンドのメリット

ではアウトバウンドの営業方法にはどのようなメリットがあるのでしょうか。それは一対一で営業出来るところにあります。広告やWEBサイトを通じての営業よりも、『自分だけに向けてくれている』と感じるので顧客にとって『特別感』が出てくるでしょう。

 

すんなりと話を聞いてくれる場合が多いので、アウトバウンド営業の大きなメリットの1つだと言えるでしょう。そしてアプローチをする相手を選べるのもメリットの1つだと言えます。広告やメディアでの営業だと、相手を選ぶことが出来ず、上手く話が進められない場合もあります。

アウトバウンドのデメリット

まず営業の成功率がかなり低いところが、アウトバウンドの大きなデメリットでしょう。新規顧客を獲得するために、ニーズが分からないターゲットに営業を行うので、成功率が下がるのではしょうがないと言えます。

 

そして、営業をする営業マンの能力によっても成功率が左右されるので、新人や営業慣れしていない人にとってはキツい仕事になるかもしれません。お客様によってニーズや希望要素は千差万別なので、臨機応変な対応が必要になりますし、営業のテンプレート化も非常に難しくなっています。

インバウンドとの違い

対してインバウンドの営業方法は、お客様から企業にアプローチする営業方法になります。例をあげると、広告やテレビでのCM放送、最近だとWebサイトやSNSを用いた営業方法です。

 

お客様から情報を掴んで、企業に問い合わせをするので、アウトバウンドの営業方法とは真逆になります。アウトバウンドとは違って、より戦略的な営業が可能だと言えるでしょう。

まとめ

アウトバウンドの営業方法について紹介していきましたが、いかがだったでしょうか。飛び込み営業や電話での営業は『大変そう』『メンタルに響きそう』と感じる方もいるかもしれません。

 

もちろんアウトバウンドが絶対に正しいわけではありません、それぞれの企業にあった営業方法が大切と言えます。この記事を読んで、様々な営業方法があることを知って頂ければ幸いです。