Huddlerの特徴

会議やコミュニケーションから
発生する情報を効率的に管理

もう情報の整理は不要
チームでHuddlerを使うだけでOK

これらを解決します
  • いつも、どの情報がどこにあるのか分からない
  • 情報を整理したり、後からまとめたりするのが面倒
  • 業務で使っているツールが多すぎて情報を探せない
  • 使うだけで、自然と情報が整理される

    後から情報を整理する必要はありません。メンバーがHuddlerを使うだけで情報がどんどん整理されます。

  • チームや用途別に情報の集約場所をつくれる

    チームやプロジェクト、または社内掲示板など目的毎にルームを作成し情報を集約することが出来ます。

  • 会議・タスク・ファイルなど情報同士が紐づく

    会議から発生する宿題やファイル、定例的なアジェンダなどあらゆる情報同士が紐づくから便利。

複数の業務効率化ツールに
掛かっていたコストを削減

Huddlerを業務プラットフォームにする
ことでコストダウンが見込める

これらを解決します
  • いくつもツールを契約していてコストがかさんでいる
  • チームや個人で使っているツールがバラバラになっている
  • Huddler1つで済むからツール代を節約出来る

    タスク管理、ファイル管理など複数のツールに掛かっていた費用が節約できる。

  • 情報管理の時間的コストも下がる

    ツールの複数利用により点在していた情報がまとまりデータをすぐに探せて生産性向上に繋がります。

  • 情報管理を軸に議事録やタスクも同時に管理

    会議前の情報共有やその後の議事録管理や関連すぐ情報など、あらゆる情報を管理出来ます。

面倒なカスタマイズは不要
どんな方でも簡単にすぐ使える

誰にでも使えるシンプルな操作性
IT関係以外の方でも使いやすい

これらを解決します
  • 業務効率化ツールはIT企業向けのプロジェクト管理ツールばかり
  • カスタマイズをしないと便利に使えないツールが多い
  • 色々出来るんだろうけど自分が使うには難しい
  • 面倒な設定やセッティングは必要なし

    設定等の必要もなく自動で会議とタスクの紐付けなどがされますので、使う毎に情報が紐付いていきます。

  • すぐに使いこなせるシンプル設計

    シンプルな画面のデザインなので、どなたでもすぐに使っていただけます。

  • 非IT企業への導入実績も豊富

    これまで様々な業種の方にご利用いただいており、業種や企業を選ばず便利に使って頂けます。