タスク管理で仕事をスムーズに!タスク管理方法と注意すべき点について

#タスク管理

ハドラー

「やらなくてはいけない事が多すぎて、本当にやりたい事に取り掛かれない」

「部下のタスク管理も含めると、全てのタスクを把握しきれない」

 

毎日、仕事に取り組む上で、やるべき事は常に発生するため、こういった悩みを持つ人は少なくありません。日々の業務に追われて忙しい毎日を送っている中では、今後の展望や新規プロジェクトへの発想を練る時間も取ることがなかなか難しいのではないでしょうか。

 

今回は、そういった多くの仕事を効率よく進めるタスク管理の方法、注意すべき点について詳しくご紹介していきます。

 

【こちらの記事もオススメ】

タスク管理上手に!たった4つであなたもスキルアップ

タスク管理が苦手な人の特徴と解決方法を紹介

タスク管理手法 ビジネスマンとしてこれだけは知っておこう!

 

効率的なタスクを作成するには

効率的なタスクを作成するにあたって、4つの重視すべきポイントがあります。

 

  • できる限りタスクは細かく分ける
  • やるべきことを一目でわかるようにする
  • タスク完了の条件を明らかにする
  • 担当者、締め切りを明確にする

 

タスクそれぞれをどのように意味づけするかが、タスク作成のポイントです。曖昧なタスク、着手しづらいと感じるタスクを作成してしまうことで、他のタスクの進行にも影響が及んでしまいます。

 

タスクの項目を細分化し、明確化することでどのメンバーでも取り組めるタスクを作成することができます。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

タスク管理におすすめの方法

それでは具体的に、どういった方法でタスク管理を行えばよいのでしょうか?主に4つの代表的な方法があります。

 

  • スケジュール帳を使ったタスク管理
  • 付箋を使ったタスク管理
  • メールボックスを使ったタスク管理
  • 表計算ソフトを使ったタスク管理

 

以下、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

企業のためのオールインワン情報マネジメントツール Huddler
議事録やタスク、チームのナレッジなどあらゆる情報を一元管理
無料で始める →

スケジュール帳を使ってタスク管理する

シンプルな方法として、多くの人が持っているスケジュール帳を使ってタスク管理する方法があります。左側にスケジュールがあり、右側を自由に使えるメモ欄として使えるスケジュール帳がおすすめです。スケジュール欄にはタスクとその期限を記入し、隣のページにはタスクごとの詳細情報を記入して管理します。

 

注意すべき点としては、日頃からスケジュール帳を見る習慣がついていない場合、タスク自体の実行漏れや期限を過ぎてしまう可能性が有ります。

付箋を使ってタスク管理する

もう一つのシンプルな方法として、付箋を使ったタスク管理の方法があります。付箋の特徴として、「書く・貼る・剥がす」が簡単にでき、書いたものの順番を簡単に入れ替えることもできるため、新しい作業や仕事が増えた場合も柔軟に優先順位の管理ができるようになります。

 

また、付箋には様々な色がありますので、優先順位やタスクの種別によって色分けを行い、タスク管理をより直感的に行う事が可能です。期限、優先順位、進捗状況などを示す軸をホワイトボードに書き、それに沿う形でタスクをそれぞれ管理することでチームのタスク状況を一目で把握する事ができます。

メールボックスを使ってタスク管理する

日々の業務においてメールを多用する人の場合は、メールボックスをそのまま用いてタスク管理する方法もおすすめです。受信ボックスの振り分け機能を使い、やるべき事とそれ以外の連絡メールを区分けします。メールの未読・既読や保護機能、お気に入り登録機能を利用することでタスク管理を進めていき、タスクの実行済み、未実行分を随時管理していきます。

 

ちなみに「Outlook」ではTo doリストを作成可能なタスク管理機能が備わっていますので、普段メールソフトとしてOutlookを使用している人は是非使用してみましょう。

表計算ソフトを使ってタスク管理する

別の方法として、Excelやスプレッドシート等の表計算ソフトを用いてタスク管理する方法もあります。表内にタスクを入力していき、作成日付、進捗状況、担当者などのタスク管理に必要な項目を入力していく事で、チーム内の誰もが一目でわかるタスク管理表を作成できます。

 

Googleスプレッドシートで作成した場合、オンライン且つ自動更新され共有相手を選べるため、複数人からなるチーム内でタスク管理を行う際にとても便利です。

タスク管理における注意点

タスク管理を行う際に計画通りに進まない場合や、うまくタスクの消化を進められない場合があります。そこで、タスク管理をスムーズに進めていくための5つの注意すべき点を押さえておくことが重要になります。

タスクを細かく分ける

タスク管理を行う際、まず気を付けるべきポイントとしてタスクを細かく分けることが大切になってきます。タスクの細分化がきちんと行われていないと、スケジュール管理や進捗確認に支障が出てしまいます。

優先順位を明確化する

タスク管理ツールを使用する場合、その多くはタスクの優先度合いを設定する事ができます。タスクの優先度をあらかじめ設定しておくことで、期日タスクが追加された場合も管理漏れを防止しどのタスクから消化するべきかを一目で把握する事が可能になります。

 

また、後からタスクが増えた場合にも、どのタスクから着手するべきかをすぐに把握できるでしょう。

チーム内で情報共有する

複数人からなるチームでタスク管理を行う場合、随時情報共有することが大切です。どのメンバーがどの程度までタスクを終えているのか、進捗確認を欠かさず行う事で連携が取りやすくなり、チーム全体の生産性向上に繋がります。

 

タスク管理ツールの機能によっては、タスク完了通知を送ることができたり、進捗度合いを一覧で確認したりする事が可能になります。

進捗・工数管理をする

また、情報共有と併せて必要になるのが進捗・工数の管理です。日々タスクを確認する日課や時間を作り、習慣づけを行うことが必要で、工数管理も同時進行する事で、「どのタスクにどれだけの時間を費やしているのか」を見える化し、作業効率のヒントを見出すことに繋がります。

継続できるような工夫を行う

先述してきた注意点を行っていくにあたり、見過ごしがちなこととして「タスク管理を継続していく工夫」を行う事もまた重要です。タスク管理に伴う入力や確認が手間になり、徐々にタスク管理を行わなくなってしまうケースが見受けられます。継続してタスク管理を行う為にも、次のような工夫が必要になります。

 

  • リマインドメール設定を行う
  • タスク管理ツールの通知機能を利用する
  • チーム内でタスク管理確認の時間を設ける

 

まとめ

このように、タスク管理には様々な方法があり、それに合わせて多様なタスク管理ツールが存在します。それだけ多くのビジネスに携わる人々が、常により良いタスク管理方法を模索しているといえるでしょう。

 

企業や業種によって、理想的なタスク管理方法は異なってくるはずです。業務のさらなる効率化の為にも、皆さんのビジネスに合った形のタスク管理方法を探してみましょう。

ハドラー